このページの本文へ

前へ 1 2 3 4 5 次へ

パソコンはみんな同じ、そんな誤解をしていませんか?

SKE48 秦佐和子が一目ぼれ? HPの最高峰デスクトップPC

2012年04月03日 17時19分更新

文● 有田川望

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
頼れるゲーミングデスクトップ「HP Pavilion Desktop PC “Phoenix” シリーズ」

 「ちょっと待てよ! このパソコン、カッコよくないか?
……やけに気になるぞ……」

 えっと、しゃわこさん、心の声がスタッフにまる聞こえですよ! 

 「感想なんて聞いてくれるなよ。とにかく、スゴイってしか言いようがないじゃないか。

 SKE48 チームKIIで活躍中の秦佐和子さんが使っているのは、日本ヒューレット・パッカードの最新デスクトップ「HP Pavilion Desktop PC h9 “Phoenix”」

 この春から投入された、ゲーミングPCの新ブランドで、Sandy Bridge-Eこと、Core i7-3960X(TB時最大3.9GHz)/Core i7-3930K(TB時最大3.8GHz)を選択できるなど、高性能なスペックが自慢だ。

 また、HP Pavilion Desktop PC h9 “Phoenix”シリーズにはインテルプラットフォームの「h9-1190jp/CT」のほかに、最大8コアのAMD FXシリーズを搭載可能な「h9-1170jp/CT」も用意されている。CPUとチップセット、USBポートの数と搭載メモリーを除けば選択可能なオプションはほぼ同じだ。

直販サイト“HP Directplus”では、ゲーム推奨認定モデルのほか、出張修理サービス付のモデル、お得なキャンペーンなども展開中

 静かで安定性の高い水冷システムを採用。最高峰のスペックを要求するミリタリーFPS『バトルフィールド3』など、最新の3Dゲームを超美麗グラフィックスで堪能できるのはもちろん、最大9TBと広大なHDD領域を手に入れることも、ブルーレイの再生や負荷のかかる一眼レフのRAW現像をサクサクと処理できる余裕ある性能もこれ1台で手にできる。

 デスクトップならではの拡張性や使い勝手にもこだわり、デザイン面でもプレミアム。ゲーミングフリークはもちろんだが、快適なパソコン環境を手軽な価格で手に入れたいというハイエンドユーザーにもオススメしたい製品だ。

 まずはその魅力を、秦佐和子さんの体験動画で紹介するぞ!

SKE48 秦佐和子がHPの最高峰デスクトップPCを使う

秦佐和子の【納得】ポイント

「確かに私の部屋に置くとしたら、静かじゃなきゃ困る」
~メンテナンスフリーの水冷機構

 ハイスペックでも静かなパソコンを求める人は多いはず。発熱の高いCPUを効率よく冷やせる“水冷システム”なら、静かでマシンの安定性も折り紙付き。よりハイパフォーマンスを求めてコアゲーマーがオーバークロックに挑戦なんてことも可能だ。HPで勝利を手に入れろ! →詳細を見る

秦佐和子の【驚き】ポイント

「は、早い! なんて起動が早いんだ!」
~起動ディスクにSSDを選択

 豊富なストレージ構成が選べるのもHP製品デスクトップPCの特徴。起動ディスクをSSDにするのも選択のひとつ。高速な読み込みによって、Windows®も重たいゲームアプリもあっという間に起動するぞ! また、たくさんのHDDを積みたい人には、最大9TBの環境だって手に入れることが可能だ! →詳細を見る

秦佐和子の【喜び】ポイント

「なんだかスゴそうなパソコン、カッコよくないか!?」
~フェニックスの名に恥じない真っ赤な鼓動

 パソコンの世界でもやっぱりイケメンに限る? と思うならh9-1190jp/CTは最上の選択肢。熱き血潮をほうふつとさせる真っ赤なLEDが上質なPC体験を演出。暗い場面で戦うFPSなら部屋の照明を落としてゲームに集中。付属のLEDバックライト付きキーボードはそんなときにも便利だね! →詳細を見る

秦佐和子の【真剣】ポイント

「私、スゴいしか言わなかったのではないか?」
~PCにも一目ぼれってあるよね?

 抜群の性能と使い勝手の良さをリーズナブルな価格で! そんなバランスの良さが魅力のひとつ。しかも東京生産でサポートが充実。BTOで自分好みにカスタマイズもできる。パソコンはどれも同じじゃない。こだわって選ぶなら、h9-1190jp/CTがオススメですぞ! →詳細を見る

前へ 1 2 3 4 5 次へ