このページの本文へ

12Uの「NetShelter CX Mini Enclosure」など4製品

木目調でデザイン配慮!APC静音ラック「NetShelter CX」

2012年02月22日 06時00分更新

文● TECH.ASCII.jp

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 2月21日、シュナイダーエレクトリックはAPCブランドの静音ラック「NetShelter CX」の販売開始を発表した。

木目調デザインを採用した室内設置用12U静音ラック「NetShelter CX Mini Enclosure」

 データセンターやサーバールーム向けに提供中の「NetShelter SX」シリーズと異なり、NetShelter CXは木目調の採用などデザインに配慮した、室内設置を目的とするサーバーラックだ。防音製に優れており、通常のオフィススペースにも無理なく設置できる。

 換気ファンや前面ドアロック、PDU(Power Distribution Unit)、ケーブルマネジメント用レールなど、サーバーを安全かつ効率的に管理するための機能を搭載する。キャスターが付いているため、室内のレイアウトに合わせて容易に移動も行なえる。

 製品ラインナップは、12Uから38Uまでの4種類。価格は、12Uの「NetShelter CX Mini Enclosure」で24万円など。

「NetShelter CX」のラインナップ

訂正:掲載当初、CX 38Uの質量を199.5gと記載していましたが、正しくは199.5kgでした。(2012年2月22日)

カテゴリートップへ

ピックアップ