このページの本文へ

前へ 1 2 3 4 5 次へ

始めよう! モバイルルーターで24時間どこでもネット生活 ― 第2回

「Xi」vs「WiMAX」の速度対決! 都内でベンチマーク実施

2012年01月24日 12時00分更新

文● 井上繁樹

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

モバイルルーターの実力を試す!

 第1回(関連記事)ではモバイルルーター全般について紹介した。モバイルルーターに限った話ではないが、インターネットはさまざまな条件によって通信速度が変化する「ベストエフォート」が基本だ。どのくらい速度が出るのか、どのくらいバッテリーが持つのか、といった使い勝手は実際に使ってみるまでわからないのが正直なところ。

 そこで今回は、前回紹介したモバイルルーターのうち、東京中野区にある自宅でベンチマークをとり、結果が良かった2機種を持ってでかけることにした。1月15日の休日(日曜日)に山手線の主要駅を内回りに巡りつつ、都心部での通信速度のデータを計測した。なお、追加で1月23日の平日(月曜日)も同じく回ったので、参考までに掲載する。休日と平日で、どのくらい速度が変わるのかを見てほしい。また、測定ツアー後の電池の残りからタフネスぶりについても触れているので、最後まで読んでいただきたい。

 山手線ツアーを敢行したのはXi対応のドコモ「L-09C」とUQ WiMAXの「URoad-8000」の2機種。測定に使ったのはアップルのiPod touchとXTREAM LABSの「SPEEDTEST」の組み合わせ。なお、XTREAM LABSのベンチマークではベスト値はURoad-8000よりも他の端末が良い数字を出したこともあったが、ベスト値以外ではURoad-8000の方が平均速度が良かったことと、パソコンを使った他のベンチマークでもURoad-8000が良い数字だったことから、今回はURoad-8000の出番となった。ベンチ機器はiPod touchで、モバイルルーターは無線LANで接続し、暗号化方式はWPA2-PSK(AES)を使用した。

まずは中野区の家の中で測ってみた

 山手線ツアーに行く前に、中野区の自宅で測ったベンチマークの結果が以下の表だ。平均して高い数値を叩き出しているのがXiとWiMAXだった。

ドコモのL-09Cは下り21.5Mbps、上り1.8Mbpsで圧倒的な速度を見せたURoad-8000はなんと下り12.8Mbps、上り1.2Mbpsで2番手だった
イー・モバイルのGP02は、パソコンを使ったベンチでは下り9.3Mbps、上り0.9Mbpsと健闘。室内ベンチでは3番手につけたauのDATA08WはWiMAXモードでは下り5.7Mbps、上り0.9Mbps。同じWiMAXでも、URoad-8000とは若干速度が異なった
ソフトバンクの007Zは下り1.0Mbps、上り0.1Mbpsと今回はかなり苦戦していた。筆者の家はULTRA SPEED対応エリアではなかった可能性もあるので、参考までに
※誤ったデータが掲載されていましたことを、訂正して関係者にお詫びいたします。

前へ 1 2 3 4 5 次へ

この特集の記事

注目ニュース

ASCII.jp特設サイト

  • 電撃オンライン - 電撃の総合ゲーム情報&雑誌情報サイト!
  • 電撃ホビーWEB - 電撃のホビー雑誌・書籍&ホビーニュースサイト
  • 電撃文庫 - 電撃文庫&電撃文庫MAGAZINEの公式サイト
  • 電撃屋.com - 電撃のアイテムを集めた公式ショッピングサイト!
  • アスキー・メディアワークス
  • 角川アスキー総合研究所
  • アスキーカード
  • アスキーの本と雑誌

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ピックアップ

富士通パソコンFMVの直販サイト富士通 WEB MART