このページの本文へ

どこでも使えるiPhone/iPad用超小型プロジェクターが登場

2011年11月04日 11時30分更新

文● 樋口

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 iPhoneやiPadのDockコネクターに直接装着できるというミニプロジェクター「iPhoneミニプロジェクター」(PMIPR01)がサンコーから発売された。

iPhoneへ直接接続できる「iPhoneミニプロジェクター」
Dcokコネクターに対して横向きにレンズが取り付けてあるので、iPhoneを横向きにして使うフォーカスはレンズの上下に取り付けられているツマミで行なう

 iPhoneミニプロジェクターは、対応端末から給電可能なDockコネクター専用プロジェクター。幅58×奥行き48×高さ16mm、重さ32gと小型の筐体で、外部電源の不要の手軽さが特徴の製品だ。iPhoneに繋げられる小型プロジェクター「SHOWWX+」のような製品もあるが、今回のモデルはさらに小型化された。

 サンコーが公表している仕様によると、投射距離は0.3~1mの間。ただ、販売店であるサンコーレアモノショップ秋葉原総本店によると「実際に使用してみたところ、1m以上離れている天井に投影しても、部屋が暗ければ意外と鮮明に映すことができる」とのこと。

 また、すべての画面を投影できるというわけではなく、動画再生画面や画像ファイルのスライド、Youtubeの視聴アプリなど特定の画面しか出力できない点には注意が必要だ。店頭ではサンプルが用意されているので、スタッフに問い合わせれば購入前に試聴することもできる。

本体底面にはスピーカーが搭載されている側面にUSB端子を備えるが「使用できなかった」(ショップ)という

 対応解像度は320×240ドット、投影可能な画面サイズは7.5~25型。輝度は100ルーメンで、コントラスト比80:1。対応機器はiPhone(3GS、4Sで動作確認済み)やiPad、iPod touch(第4世代~)。製品にはiPhoneを固定できる三脚や、外部出力用のAVケーブルが付属して、価格は1万5800円だ。

カテゴリートップへ

注目ニュース

最新記事

ASCII.jp特設サイト

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ピックアップ

富士通パソコンFMVの直販サイト富士通 WEB MART