このページの本文へ

前へ 1 2 次へ

荻窪圭の“這いつくばって猫に近づけ” ― 第224回

「NEX-5N」ならではの楽しい猫写真を撮る

2011年11月04日 12時00分更新

文● 荻窪圭/猫写真家

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
プラスの補正をかけて明るめに、ソフトフォーカスで撮るとふんわりになる。実はISO 3200で撮った、たいして明るくない室内なのだが、ソフトフォーカスのおかげでそうは見えないのがいい(2011年10月 ソニー NEX-5N)
プラスの補正をかけて明るめに、ソフトフォーカスで撮るとふんわりになる。実はISO 3200で撮った、たいして明るくない室内なのだが、ソフトフォーカスのおかげでそうは見えないのがいい(2011年10月 ソニー NEX-5N)

 2週連続でソニー「NEX-5N」のお話。前回はISO感度もあがったし、レンズも増えたから、ますますNEX-5Nのオススメ度が上がったという話をした。今回は、NEXならではのいろんな撮影機能で遊んでみようって話だ。

背面の液晶モニターを上にチルトさせたNEX-5N+標準ズームレンズ背面の液晶モニターを上にチルトさせたNEX-5N+標準ズームレンズ

 出てくる機能は2つ。ひとつは「HDR」。露出(ひらたくいえば写真の明るさ)を変えながら3枚撮影し、それを合成することで明るいところも暗いところも1枚にちゃんと収めようという機能。

 例えば、こういうときに使うとぴたっとハマる。

HDRで撮った座布団下の「かふか」。隠れているんだかくつろいでいるんだかわからないけど、この日は座布団の下にもぐるのがマイブームだった模様(2011年10月 ソニー NEX-5N)HDRで撮った座布団下の「かふか」。隠れているんだかくつろいでいるんだかわからないけど、この日は座布団の下にもぐるのがマイブームだった模様(2011年10月 ソニー NEX-5N)

 被写体は座布団の下でくつろいでいる「かふか」。いや、猫って狭いところが好きだし、たまにいろんなとこにもぐるけど、わざわざ日向にやってきて下にもぐるかなあと。

 せっかく猫昼寝専用座布団を用意しているのに……。で、座布団の下は日陰。上は日向。明暗差がありすぎるのだ。でもHDRをオンにして撮れば、このように両方ともしっかり撮れるのである。

 HDR機能って使いどころが難しいけど、ハマると楽しいのだ。

前へ 1 2 次へ

この連載の記事

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jp特設サイト

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ピックアップ

富士通パソコンFMVの直販サイト富士通 WEB MART