このページの本文へ

前へ 1 2 3 次へ

2012年のPCはこうなる! IDF San Francisco 2011レポート ― 第4回

IDFで次代のメニイコア「Intel MIC」の姿が見えた!?

2011年09月27日 12時00分更新

文● 大原雄介(http://www.yusuke-ohara.com/

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
インテルCTOであるジャスティン・ラトナー氏の基調講演は、必ず冒頭に寸劇というかお茶目なシーンが入る。今回は同僚でもあるムーリー・エデン氏の物まね。「ムーリーだとこんなかな」とか言いながら腕を広げて見せ、場内は大受けだった

 IDF 2011レポートの最終回は、15日(現地時間)に行なわれたインテル上級副社長兼CTOのジャスティン・ラトナー(Justin Rattner)氏による、インテルのメニイコアプロセッサーに関する基調講演をまとめてみた。

Larrabee改めIntel MICアーキテクチャー
いよいよ製品登場?

 ラトナー氏はまず、ここ5年でのプロセッサー開発の動向を簡単に振り返りつつ、より多くのCPUコアが半導体ダイに搭載されるようになってきた昨今を紹介して、「今後はヘテロジニアス(異種混合)構成が登場する。ただし、それは単にGPUだけを指すのではない」として、「Intel MIC(Many Integrated Core)アーキテクチャー」について説明した。

ここ5年ほどのマルチコアプロセッサーの系譜。「10+」コアは、すでに開発者向けにリリースされている「Knights Ferry」を指していると思われるKnight Ferryはあくまでも製品ではないという扱いで、22nmプロセスで開発される「Knights Conner」が、最初のIntel MICアーキテクチャーの製品になるという。昔似たような話をどこかで聞いたような……

 Intel MICアーキテクチャーの最初のチップである「Knights Ferry」は、ようするにインテルが「Larrabee」のコード名で開発してきたプロセッサーである。しかし、「性能などが十分ではない」として製品化を見送られており、あくまでソフトウェア開発者向けの開発プラットフォームとしてのみ提供していた。これに続く「Knights Conner」が、Intel MICアーキテクチャー最初の製品となる。

 単にCPUコアを集積しただけでは、性能が出るわけもない。ここで必要なのは、広帯域のメモリーと、複数コアで性能を出しやすいアプリケーションだ。

CPUチップとメモリーチップを重ねて実装することで、広帯域のメモリーを利用できるという話。インテルは今回、これをちょっと斜め上の方法で実現した最初からマルチコアに対応しやすいアプリケーションを選べば性能を向上させやすいが、利用したいアプリケーションすべてがそうではない。こうしたアプリケーションをいかにマルチコア対応にするか、がポイントである

前へ 1 2 3 次へ

この特集の記事

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

QDレーザー販促企画バナー

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

富士通パソコンFMVの直販サイト富士通 WEB MART

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン