このページの本文へ

前へ 1 2 3 4 次へ

机上から紙を一掃!電子文書化マニアックス ― 第4回

カンタン・スピーディー・大量読み取り! 話題のクラウドサービスとも連携

文書デジタル化の定番! ScanSnapが支持される理由

2011年08月30日 18時00分更新

文● 二瓶 朗 撮影●小林 伸

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

個人向けドキュメントスキャナーとして長い歴史

 紙文書をデジタルデータ化するのに欠かせないドキュメントスキャナーだが、そのブランドリーダーといえば、言わずと知れた「ScanSnap」シリーズである。

ScanSnapシリーズのフラッグシップ機「ScanSnap S1500」

 大量の紙文書を一気にデジタルデータ化する場合、ドキュメントスキャナーはフラットベッドスキャナーに比べると圧倒的に効率的である。ASCII.jpでも以下のような記事を通じて、ドキュメントスキャナーの便利さと有効な活用方法について紹介してきた:

 ScanSnapを開発・販売しているPFUは、個人向けドキュメントスキャナーに長年取り組んできた。同社がScanSnapの初代モデルを販売開始したのは2001年7月。ドキュメントスキャナーのド定番として定着している同製品は、すでに発売10周年を迎えていたのだ。

 ちなみに、PFUは2002年からScanSnapのグローバル展開も開始しており、2009年には全世界累計販売台数が100万台を突破している。同社の業務用ドキュメントスキャナー「fiシリーズ」が全世界で高いシェアを誇っていて、同シリーズで培った技術と人気の高さが世界におけるScanSnapのシェアを押し上げている一因でもあるだろう。

 なおPFUは、日本国内でもBCNによる売り上げランキング「BCN AWARD 2011」で、「スキャナ部門 最優秀賞」を受賞している。

 そんなScanSnapシリーズのフラッグシップといえるモデルが「ScanSnap S1500」だ。

ハイエンド機ながら、フットプリントはB5変型判の週刊アスキーより少し小さい程度。専用のカバンも用意されており、外出先に持っていくことも可能だ
このように収納時は非常にコンパクトになる

 実際にいくつかの紙文書をデジタルデータ化してみると、ScanSnap S1500のドキュメントスキャナーとしての性能は非常に満足いくものであることが分かる。解像度に関わらず一定して速いスキャン速度、操作の明快さ、動作音の静かさ、充実したソフトウェアといずれをとっても文句ない。紙文書のデータ化に取り組んでみたいと思うのならおすすめの1台である。

 なお現在、「ScanSnap 発売10周年記念サマーキャンペーン」が2011年9月30日まで展開中。富士通「LIFEBOOK TH40/D」などが抽選で当たるというから、この機会にScanSnapの購入を検討するのもいいだろう。

用途に合わせて選べ! ScanSnapのラインアップ

 ここではScanSnap S1500を中心に紹介するが、ScanSnap S1500以外にも「ScanSnap S1300」「ScanSnap S1100」などの姉妹機が発売されている。

ScanSnap S1300

 給紙枚数、スキャン速度などの機能はScanSnap S1500に及ばないものの、パーソナルユースとしては十分な機能を備える。コンパクトなボディサイズでUSBバスパワー駆動も可能なので、社内での持ち運びや外出先への持ち出しも可能だ。


ScanSnap S1100

 世界最小クラスで、モバイルもできるドキュメントスキャナー。サイズがサイズだけに、自動給紙機能などが省略されているが、持ち運び可能でACアダプタ不要のUSBバスパワーで動作するので、外出先や出張先でも利用できるメリットがある

 上記2製品の詳細については公式サイトでチェックしてみよう。

 ScanSnap S1500、ScanSnap S1300、ScanSnap S1100のスペック比較を以下にまとめたので参考にしてほしい。

主なスペック
製品名 ScanSnap S1500 ScanSnap S1300 ScanSnap S1100
給紙方法 ADF 手差し
両面 ──
原稿搭載枚数 最大50枚 最大10枚 ──
サイズ
(W×D×H)
292×159×158mm 284×99×77mm 273×47.5×34mm
重量 3kg 1.4kg 350g
解像度別の読み取り速度
製品名 ScanSnap S1500 ScanSnap S1300 ScanSnap S1100
自動解像度 毎分20枚
(両面・片面)
毎分4枚
(両面・片面)
7.5秒(片面)
ノーマル 毎分20枚
(両面・片面)
毎分8枚
(両面・片面)
7.5秒(片面)
ファイン 毎分20枚
(両面・片面)
毎分6枚
(両面・片面)
7.5秒(片面)
スーパー
ファイン
毎分20枚
(両面・片面)
毎分4枚
(両面・片面)
7.5秒(片面)
エクセレント 毎分5枚
(両面・片面)
毎分0.5枚
(両面・片面)
35秒(片面)

 いずれの製品も想定するシチュエーションはやや異なるものの、ドキュメントスキャナーとしての実力は折り紙付きである。使うシーンに合わせて製品を選択したい。

 次ページからはScanSnapのフラッグシップモデル「ScanSnap S1500」について詳しく解説していこう。

前へ 1 2 3 4 次へ

この特集の記事

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

富士通パソコンFMVの直販サイト富士通 WEB MART

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン