このページの本文へ

ラトックシステム「USB3.0/2.0 RAIDケース」

USB3.0接続のRAID対応HDDケースがラトックシステムから

2011年08月20日 23時28分更新

文● 増田

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 2.5インチサイズのHDDやSSDを2台まで収納可能なRAID対応のHDDケース「USB3.0/2.0 RAIDケース」(型番:RS-EC22-U3R)がラトックシステムから発売となった。

「USB3.0/2.0 RAIDケース」 2.5インチサイズのHDDやSSDを2台まで収納可能なRAID対応のHDDケース「USB3.0/2.0 RAIDケース」

 同製品は、Serial ATAインターフェイス対応の2.5インチサイズのSSDまたはHDDを2台まで搭載できるRAID 0/1/JBOD対応のHDDケース。モードの設定は、ケース背面のスイッチまたは添付のソフトウェアで行なう。なお、PCとの接続が最新規格のUSB3.0となるのもポイントだ。
 PC電源連動機能をサポートしており、PCの電源がOFFもしくはスリープや休止モードのとき、HDDの電源を自動的にOFFにして低消費電力モードへ移行。さらに、HDDの抜き差し/HDDの異常/RAIDシステム異常の検出時にブザーで通知する機能もある。
 なお、パッケージにはUSB3.0ケーブルと専用ACアダプター、RATOC RAID監視マネージャー(RAID監視、暗号化、省電力設定)、RATOC Fast USB(高速化ドライバーソフト)が同梱されている。
 価格は9980円。パソコンショップアークで販売中だ。

機能
2.5インチサイズのSSDまたはHDDを2台まで搭載できるRAID 0/1/JBOD対応のHDDケース。モードの設定は、ケース背面のスイッチまたは添付のソフトウェアで行なう

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jp特設サイト

ピックアップ

デル株式会社

ASCII.jpメール アキバマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中