このページの本文へ

前へ 1 2 次へ

T教授の「戦略的衝動買い」 ― 第157回

今頃SIMフリーiPhone4を衝動買い。高価なケースに凝る

2011年08月11日 12時00分更新

文● T教授、撮影● T教授

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 わざわざ値段の高い「SIMフリーのiPhone4」を買ったりするのは、マニアか海外出張の多い一部のビジネスマンに限られる。マニアなら当然、国内発売前に海外から個人輸入して見せびらかすのが普通だろう。しかし筆者は、初代iPhoneを国内発売早々購入したが残念な点が多く、その苦い経験からしばらくiPhoneからは遠ざかっていた。

Whiteoutはエレメントケース社のiPhone4用ケースの最新モデルだ

 そんな筆者だが、SNS系やクラウド系世界で楽しく遊ぶには、やはりiPhone4は必須なので、ドコモのSIM (FOMAカード)でもそのまま使えるSIMフリーiPhone4 (White 32GB)を香港から衝動買いした。従来の「FOMAカード」(SIMカード)はすでに持っていて、「mini UIMカード」(MicroSIM)に無償交換してもらった。ドコモ回線を使用するiPhone4をゲットした筆者は早速、こだわりの専用ケース探しに行った。

 iPhone4には、すでに溢れるほど多くの専用ケースが発売され巨大市場を形成している。今回、筆者が購入したケースは、まだ日本に向けて輸送中のモノ2個を含めて全部で7個。極めて安価だけど感性にピッタリ合ったのは、「なんちゃって電卓型」のケース。望遠カメラになったり、デジカメ風コスチュームは、宴会でのウケ狙いには最高だが、普段の使い勝手をまったく気にしない人向けだ。忘年会までとっておこう。

筆者の感性にぴったりのビンテージな電卓イメージのiPhone4ケース(左)ただのお弁当箱の蓋イメージのカバーなのでひっくり返すとiPhone4だ(左)
iPhone4を望遠レンズ付きデジカメにトランスフォームさせるケースアピアランスは勇猛果敢だが、見掛けほどではない。ウケ狙い専用なら秀作
携帯サイズを気にしなければ、意外とCoolかも。専用ストラップも付属するカメラの握り手部分をスライドしてiPhone4の脱落を防止する考えられた仕組みだ

 今回購入した中のワーストケースは、”遊べる本屋”さんで購入したけっこう高価な輸入品の「天然木ケース」だった。付属のスペーサーを使わなければサイズはブカブカ、平面的な仕上げも小学生の夏休みの工作レベルだった。パッケージの外からでは詳細は分からないので注意が必要だ。

7つ買った中でもワーストケースだった天然木ケース。すべてに渡って……紹介した4つ以外に、バッテリー内蔵のデカケース、先ほど配達されてきたELEMENTCASEのパチモノ(たぶん)、総アクリルのケースの7つを実際に使ってみた

 結局、筆者がiPhone4用に最終的に選択したケースは、ありきたりで当然のような結果だが、カリフォルニアに住むiPhoneユーザーであるインダストリアル・デザイナーが、自らの為にデザインしたELEMENTCASEの「VAPOR PRO」だ。

 筆者の購入したモデルは、白いiPhone4と色のトーンを合わせた最新の限定モデル「Whiteout」だ。Web通販も可能だが、現物を確かめてから購入しようと思い、ELEMENTCASEを扱う秋葉原の「CASE PLAY」に出向いた。秋葉原の中央通りに面したお店だが、購入後、店員さんが店の玄関口で手提げ袋に入った商品を顧客に手渡すという、銀座のブランドショップスタイルだ。

秋葉原のCASE PLAYで購入、中央通りの玄関先で受け取ったELEMENTCASEヴィトンか、ボッテガ・ヴェネタの財布や名刺ケースを買った時のようなパッケージだ

「戦略的衝動買い」とは?

 そもそも「衝動買い」という行動に「戦略」があるとは思えないが、多くの場合、人は衝動買いの理由を後付けで探す必要性に迫られることも多い。

 それは時に同居人に対する論理的な言い訳探しだったり、自分自身に対する説得工作であることもある。このコラムでは、筆者が思わず買ってしまったピンからキリまでの商品を読者の方々にご紹介し、読者の早まった行動を抑制したり、時には火に油を注ぐ結果になれば幸いである(連載目次はこちら)。

前へ 1 2 次へ

この連載の記事

注目ニュース

ASCII.jp特設サイト

  • 電撃オンライン - 電撃の総合ゲーム情報&雑誌情報サイト!
  • 電撃ホビーWEB - 電撃のホビー雑誌・書籍&ホビーニュースサイト
  • 電撃文庫 - 電撃文庫&電撃文庫MAGAZINEの公式サイト
  • 電撃屋.com - 電撃のアイテムを集めた公式ショッピングサイト!
  • アスキー・メディアワークス
  • 角川アスキー総合研究所
  • アスキーカード
  • アスキーの本と雑誌

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ピックアップ

富士通パソコンFMVの直販サイト富士通 WEB MART