このページの本文へ

3万円台のAndroid3.0タブレット「ICONIA TAB A500」

2011年07月02日 11時30分更新

文● 樋口

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 6月15日に発表された日本エイサーのタブレット端末「ICONIA TAB A500」が発売となった。

 ICONIA TAB A500の詳細についてはコチラの記事を参照していただきたいが、3万円台という低価格ながらAndroid 3.0(Honeycomb)搭載という点が魅力のタブレット端末となる。

「ICONIA TAB A500」
「ICONIA TAB W500」に続いて、今度は「NVIDIA Tegra 2」+「Android 3.0」の組み合わせとなった「ICONIA TAB A500」
ドルイド君
こんなところにもドルイド君が登場

 プロセッサーには「NVIDIA Tegra 2」を採用。1GBのシステムメモリーとストレージ用に16GBのSSDを搭載するほか、ネットワークはIEEE 802.11b/g/nの無線LANに対応。Bluetooth 2.1+EDRもサポートしている。

 ディスプレーは10.1型(1280×800ドット)で、背面には500万画素カメラとフラッシュを内蔵。そのほか、本体側面にHDMI出力端子を搭載しており、液晶モニターやテレビにフルHD(1920×1080ドット)で出力できる。

 なお、動画配信サービス「ICONIA MEDIA 2U」用アプリや、アルバムを閲覧する感覚で使える写真ビューア、ホームネットワーク機能の「ACER CLEAR.FI」、TwitterやFacebookのコメントを同じUIで確認できる「ACER SOCIAL JOGGER」といった独自アプリをバンドルしている点も特徴だ。

 サイズは幅260×奥行き13.3×高さ177mm、重量は約765g。価格はZOA秋葉原本店で3万9700円、フェイス秋葉原本店で3万9800円となる。

裏面
500万画素カメラを内蔵する裏面はアルミ製で高級感が漂う作りだ。スペック的にも十分で、まずは1台という人にもオススメ

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jp特設サイト

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ピックアップ

富士通パソコンFMVの直販サイト富士通 WEB MART