このページの本文へ

century「二代目冷やし系HDD検温番」

HDDの状態を監視する液晶内蔵外付けケースに二代目が誕生

2011年06月07日 22時07分更新

文● 増田

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 センチュリーからSerial ATA対応の3.5インチHDDケース「二代目冷やし系HDD検温番」(型番:CLS35EU3BF)が発売された。

「2代目冷やし系HDD検温番」
HDDケース「二代目冷やし系HDD検温番」。Serial ATA接続の3.5インチHDDを1台収納できる

 同製品は、本体前面にLCDパネルを装備。HDD温度状況や内蔵ファン回転数をリアルタイムでモニタリングできるほか、設定温度を超えると警告するアラーム機能も備える。搭載可能なHDDはSerial ATAインターフェイスの3.5インチモデルで、外部インターフェイスはUSB3.0またはeSATAのコンボ仕様。内部にはON/OFFスイッチ搭載した80mm冷却ファン(約1600~2500rpm)が内蔵されている。
 付属品は、USB3.0ケーブル、eSATAケーブル、専用ACアダプタ、縦置スタンド、HDD固定用ネジ、温度センサー貼り付け用テープなど。
 価格および販売ショップは以下の通りだ。

「2代目冷やし系HDD検温番」
LCDパネルでHDD温度状況や内蔵ファン回転数をリアルタイムでモニタリングでき、アラーム機能も備える。夏場の故障防止に一役買ってくれるかもしれない
価格ショップ
「二代目冷やし系HDD検温番」
¥4,780アーク
¥4,980クレバリー1号店
TWOTOP秋葉原本店
フェイス本店

【関連サイト】

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jp特設サイト

ピックアップ

デル株式会社

ASCII.jpメール アキバマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中