このページの本文へ

小説としては驚異の400人近い列が!

「涼宮ハルヒの驚愕」が異例の深夜販売で登場!

2011年05月25日 00時00分更新

文● 伊藤 真広

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 2003年に発売された第1巻が第8回スニーカー大賞を受賞し、2006年に放送されたアニメが空前の大ヒットを記録。現在まで続くライトノベルブームの火付け役であり看板タイトルでもある「涼宮ハルヒ」シリーズの最新刊「涼宮ハルヒの驚愕」の前後編2冊が、5月25日の0時に発売を迎えた。
 これまでも小説では「ハリーポッター」シリーズや「1Q84」などの作品で深夜のカウントダウン販売が行なわれたことはあったが、ライトノベルの作品としては日本で初となる深夜カウントダウン販売。秋葉原ではアニメイト秋葉原店とAKIHABARAゲーマーズ本店の2店舗で実施された。

販売開始直前のAKIHABARAゲーマーズ本店店頭の様子。購入待機列は富士そばの店頭まで伸びていた深夜販売に望むショップスタッフの腕には「超○○」腕章が!
AKIHABARAゲーマーズ本店名物のスクリュー積みに加えて、ハルヒの頭文字Hを作ったハルヒ積みも作られていた(製作時間は1時間弱かかったそうだ)
アニメイト秋葉原店は、販売直前に200名近くが並び、ソフマップ本館まで列は伸びていた
アニメイト秋葉原店スタッフは“SOS団アニメイト支部”の腕章を装着店内は棚から床までハルヒ一色!
店内奥には“涼宮ハルヒの年表”が掲示されていた店頭には北高の制服も展示

 この日は、先週までの暖かさはどこに消えてしまったのかという寒さ。薄着では肌寒さを感じるほどの気温にもかかわらず、両店舗の店頭には21時頃から購入希望者と思われる人が集まり始めた。販売開始直前には、アニメイト秋葉原店に200名弱、AKIHABARAゲーマーズ本店の店頭には約180名の購入希望者が列を作っていた(各ショップ集計)。

23時45分にアニメイト秋葉原店では、お客さんの入場を開始。ショップの入口ではコスプレスタッフがチラシを配布していた
AKIHABARAゲーマーズ本店では、くす玉を用意して店頭でカウントダウンを実施! 0時より店頭販売と入店を始めた
AKIHABARAゲーマーズ本店の開店直後の店内の様子

 ちなみに同作品は、当初2007年6月に発売が告知されていたが、3年の月日が流れ、2007年の4月に発売された「涼宮ハルヒの分裂」以来、4年ぶりの新刊登場となる。
 カウントダウン販売で販売されたのは、第10巻「涼宮ハルヒの驚愕(前)」と第11巻「涼宮ハルヒの驚愕(後)」の2冊に、特典小冊子“涼宮ハルヒの秘話”(Rainy Dayを収録)がセットになった“初回限定版”。1冊ずつの個別販売である“通常版”は、6月15日発売予定となっている。
 アニメイト秋葉原店には、同作品に登場するキャラクターのコスプレをしたスタッフの姿があり、深夜販売に花を添えていたほか、予約購入者にはショップオリジナル特典のブックカバー2種が付けられていた。
 AKIHABARAゲーマーズ本店にもショップ特典が用意されており、予約特典としてオリジナルA3ポスター、購入特典としてハルヒ、長門、みくるの3人がプリントされたクリアしおり3枚セットとなっている。

ハルヒのコスプレをしたスタッフ
11巻「涼宮ハルヒの驚愕(後)」の表紙を飾る佐々木のコスプレをしたスタッフもいた

 先頭に並んでいた人は、アニメイト秋葉原店が21時に、AKIHABARAゲーマーズ本店は21時半から並んでいたとのことだ。
 在庫状況だが、深夜販売だけで売り切れるということはなさそうだが、カウントダウン販売で各店舗のスタッフの予想を超える人が来店していたこともあり、本日以降も入手可能かどうかは微妙な様子という。ショップスタッフからは「限定版を手に入れたい人は、早めに購入されることをお勧めします」と話していた。

第10巻「涼宮ハルヒの驚愕(前)」と第11巻「涼宮ハルヒの驚愕(後)」がセットになった「涼宮ハルヒの驚愕」初回限定版の価格は1260円
初回限定版に特典として付く小冊子“涼宮ハルヒの秘話”には、書き下ろし小説“Rainy Day”以外にも設定資料などを収録している
アニメイトの予約特典と購入特典ゲーマーズの購入者特典

 なお、アニメイト秋葉原店とAKIHABARAゲーマーズ本店ともに朝7時より早朝販売も実施を予定しているとのこと。深夜販売には参加できなかったけど、お昼休みなど休憩時間に読みたいという人は、いつもより少しだけ早起きをして、出勤通学のついでに購入していってみてはいかがだろうか?

カテゴリートップへ

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jp特設サイト

ASCII.jpメール アキバマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII @LIVE 2016、この秋開催

ピックアップ

デル株式会社