このページの本文へ

前へ 1 2 次へ

【Loadtest】REGZA Phone T-01C ― 第4回

「REGZA Phone」をAndroid 2.2にアップデートしてみた

2011年05月19日 16時30分更新

文● 橋本 優/ASCII.jp編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
アップデートを果たした我が「REGZA Phone」。東芝の「REGZA」「REGZAブルーレイ」を操作できる「RZタグラー」も導入される アップデートを果たした我が「REGZA Phone」。東芝の「REGZA」「REGZAブルーレイ」を操作できる「RZタグラー」も導入される

 前回から約4ヵ月。ついに沈黙を破る時が来た!(別に沈黙を守っていたわけではないが)

 わが「REGZA Phone T-01C」がついにバージョンアップする。従来のAndroid OS 2.1から2.2へのアップグレードプログラムが公開されたのだ。

 Android OS 2.3搭載の最新スマートフォンが夏モデルとしてしこたま発表されている今日この頃(ドコモ、au)であり、筆者自身も取材ですっかり触り疲れた感があるが、自分が持っているスマホがバージョンアップされるのは素直にうれしい。さっそくアップデートを実施してみた。

アップデートで2回ほど“うっかり”

「端末情報」で「ベースバンドバージョン」を確認 microSDカードと本体メモリーの空き容量を確認 富士通のREGZA Phoneユーザー向けサイトでアップデートプログラムをダウンロード
「端末情報」で「ベースバンドバージョン」を確認microSDカードと本体メモリーの空き容量を確認富士通のREGZA Phoneユーザー向けサイトでアップデートプログラムをダウンロード

 まず、アップデート前に確認すべき事項が2つある。端末のベースバンドバージョンが「5011.1906.50」以降であるか、microSDに1.5GB、端末内部メモリーに50MB以上の空きがあるか、だ。筆者のREGZA Phoneはどちらの条件も満たしていた。

 ならば、迷うことはない。富士通のREGZA Phoneユーザー向けサイトにウェブブラウザーでアクセスし、アップデートプログラムをダウンロードだ!

 なお、アップデートはREGZA Phone単体で行なう方法と、PCでバージョンアッププログラムをダウンロードして行なう方法の2通りがある。本記事では前者の方法でアップデートを実行した。

 サイトにはOSアップデートについてのお知らせがあり、それを辿ることで詳細情報ページにアクセスできる。まずは「OSバージョンアップアプリ」をダウンロードする……らしいのだが、ページ下方にある「ダウンロード」ボタンを押しても、別のページが表示されるのみでダウンロードは始まらない。

うっかりその1:ブラウザーを間違えた……

こんなページが表示されるのみでダウンロードは始まらない…… 標準のウェブブラウザーで再びアクセス。するとアプリの利用規約の下にこのようなボタンが…… ダウンロードした「T01C_SWUpdater01.apk」(一番下)をタップしてインストーラーを起動する
こんなページが表示されるのみでダウンロードは始まらない……標準のウェブブラウザーで再びアクセス。するとアプリの利用規約の下にこのようなボタンが……ダウンロードした「T01C_SWUpdater01.apk」(一番下)をタップしてインストーラーを起動する

 おかしいなぁ、とページをよく見ると赤い文字で「標準ブラウザでこのページを開いてください」と書いてある。一瞬意味が分からなかったが、すぐに理解できた。私が普段使っているのはデフォルトで導入されているウェブブラウザーではなく、「Firefox」でした……。慣れてしまうと操作性がいいので、愛用している訳だが、ここに落とし穴があるとは。

 気を取り直して、標準のブラウザーでアクセスし直す。すると、アプリに関する規約が長々と記載してあり、その下に「同意してダウンロードする」ボタンが表示された。このボタンをタップすると、アプリのダウンロードが始まり、ダウンロードしたアプリを開いて「インストール」ボタン押すとアップデータ本体のダウンロードが始まる……らしい。

うっかりその2:Wi-Fi接続がオフでした……

インストーラーを起動。左下の「インストール」をタップすればいいはず…… しかし、Wi-Fiをオンにしなさい、というメッセージが。「終了」を押すしかない とりあえず、Wi-Fiをオンにしてアプリを再起動する
インストーラーを起動。左下の「インストール」をタップすればいいはず……しかし、Wi-Fiをオンにしなさい、というメッセージが。「終了」を押すしかないとりあえず、Wi-Fiをオンにしてアプリを再起動する

 でも、ダウンロードが始まらない。その代わり「Wi-Fiを有効にしてから本アプリケーションを実行してください」とのメッセージが表示される。どうやら3G接続ではだめらしい。

 とりあえず、Wi-Fiをオンにし、ブラウザーのダウンロード履歴から先ほどのアプリを立ち上げる。すると、やっとダウンロードが始まった。かかった時間は18分ほど。その後、6項目の注意確認が表示され、これらに(了承の意味で)チェックを入れると、インストールが始まる。

やっとダウンロード開始 ダウンロードが終了すると、6項目の注意確認項目が表示される 全部にチェックを入れて「開始」ボタンをタップ
やっとダウンロード開始ダウンロードが終了すると、6項目の注意確認項目が表示される全部にチェックを入れて「開始」ボタンをタップ

 REGZA Phoneが自動で再起動し、10分ほどインストール作業が続く。その後、2度目の再起動を経て、見事2.2へのアップデートが完了した。

 その後、OSがアップデートしたためか、「モバイルGoogleマップ」など、いくつかのアプリのアップデートが自動で行なわれた。

前へ 1 2 次へ

この特集の記事

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jp特設サイト

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ピックアップ

富士通パソコンFMVの直販サイト富士通 WEB MART