このページの本文へ

PROGRAMMING 古籏一浩のJavaScriptラボ ― 第57回

JavaScriptでiPhoneアプリ開発!NimbleKit入門

2011年05月19日 11時00分更新

古籏一浩

  • この記事をはてなブックマークに追加
本文印刷
js-labo

 iPhoneのヒット以降、各社からたくさんのスマートフォン端末が発売されました。Web開発者や制作者の中には、スマートフォンで動くアプリケーションを作ってみたい、と考える方も少なくないでしょう。

 スマートフォンアプリの開発では、iPhoneならObjective-C、AndroidならJavaでプログラムを書く必要があり、これらの言語や開発環境に慣れていない人にとってはハードルが高くなっています。もっと手軽にスマートフォン用のアプリケーションが作成できたら……そんな望みをかなえるアプリケーション開発フレームワークがいくつかあります。

アプリケーション開発フレームワーク

Titanium
http://www.appcelerator.com/
PhoneGap
http://www.phonegap.com/
NimbleKit (iPhone専用)
http://www.nimblekit.com/
JSWaffle (Android専用)
http://d.aoikujira.com/jsWaffle/wiki/

 いずれも、Webで使われている技術(HTML/CSS+JavaScript)でスマートフォンアプリを作成できるフレークワークです。もちろん万能ではなく、OSが持つすべての機能をサポートしているわけではありませんし、処理速度もObjective-CやJavaで開発した場合と比べて遅くなります。それでも、普段使いなれた技術でアプリを開発できるのは、Web開発者や制作者にとって大きなメリットと言えるでしょう。

 今回のJavaScriptラボでは、iOS (iPhone/iPad/iPod touch) 専用のアプリケーション開発フレームワーク「NimbleKit」を使ったアプリケーション開発の方法を解説します。数回に分けて簡単なアプリケーションを実際に作りながら、NimbleKitを使ったスマートフォンアプリの開発方法を体験してみましょう。

NimbleKit

 NimbleKitは、iOSの機能をJavaScriptで呼び出して使うイメージでアプリを開発できます。実機で動かす場合は有償(8574円)のライセンスを購入する必要がありますが、iOSシミュレーター上で動かす分には無料で利用できます。

この記事の編集者は以下の記事をオススメしています

ASCII.jp会員サービス 週刊Web Professional登録

HTMLリファレンス誘導バナー

CSSリファレンスサイト誘導バナー

Webディレクター江口明日香が行く

ランキング