このページの本文へ

サイズ「KOZUTI(小槌)」

全高40mmの超薄クーラー「KOZUTI(小槌)」が本日登場

2011年04月21日 22時15分更新

文● 増田

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 サイズオリジナルのCPUクーラーとしては最も背が低い、超ロープロファイル仕様となる「KOZUTI(小槌)」(型番:SCKZT-1000)が本日発売。多数のショップで販売を確認できた。

「KOZUTI(小槌)」
サイズオリジナルのCPUクーラーとしては最も背が低い超ロープロファイル仕様となる「KOZUTI(小槌)」が発売

 同社取り扱いの既存モデルで、全高64mmの「手裏剣リビジョンB」(型番:SCSK-1100)や全高58mmの「BIG手裏剣」(型番:SCBSK-1000)からさらにロープロ化させた、全高40mmとなるのが特徴の「KOZUTI」。内部空間が狭いMini-ITXやスリム型PCケースでの使用に適した製品となる。
 対応ソケットはLGA 1155/1156/1366/775、Socket AM3/AM2+/AM2。PWM対応の80×80×10mmファン(800±30%~3300rpm±10%/8.2dBA~32.5dBA/6.0CFM~24.82CFM)をアルミニウム製放熱フィンの下にレイアウトするステルスマウントシステム構造「S.F.M.S」(Stealth Fan Mounting Structure)を採用。
 さらに、小型ながら可能な限りの熱移動を目的とした6mm径ヒートパイプ×3本が搭載されている。サイズは110×103×40(H)mm、重量250g。搭載方式は、バックプレート不要で容易かつ確実なテンションで固定可能な「E.I.S」(Easy Installation with Screw)を採用する。
 なお、取り付けるマザーによってはソケット回りのヒートシンク等と干渉する恐れがあるので、十分確認したうえで購入したい。
 価格は以下のとおり。

全高
全高40mmとなるのが特徴の「KOZUTI」。内部空間が狭いMini-ITXやスリム型PCケースでの使用に向いた製品となる
サイド
80mmファンをアルミニウム製放熱フィンの下にレイアウトするステルスマウントシステム構造「S.F.M.S」を採用する
価格ショップ
「KOZUTI(小槌)」
¥2,970フェイス秋葉原本店
¥2,980アーク
クレバリー1号店
ソフマップリユース総合館
TWOTOP秋葉原本店
ツクモパソコン本店
TSUKUMO eX.

【関連サイト】

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事
ピックアップ

デル株式会社

ASCII.jpメール アキバマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中