このページの本文へ

ASUSTeK「P8B-E/4L」

Sandy Bridge版Xeonに対応するマザーが発売予定

2011年03月29日 23時34分更新

文● 増田

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 未発売CPUのSandy Bridge版Xeonへの対応をうたうLGA 1155対応マザーボード「P8B-E/4L」が、ASUSTeKから4月6日より発売となる。チップセットにはサーバー/ワークステーション向けとなる「Intel C204」を搭載する。

「P8B-E/4L」
未発売CPUのSandy Bridge版Xeonへの対応をうたうLGA 1155対応マザーボード「P8B-E/4L」がASUSTeKから4月6日より発売予定
C204
サーバー/ワークステーション向けのチップセット「Intel C204」を搭載。B3ステッピングの製品となる
拡張スロット
拡張スロットにはサーバー向け1Uケースでも使用可能なオプションカード「PIKE」を搭載。SAS/RAID機能の強化が可能だ

 この製品は、Sandy Bridge版Xeonシリーズである「Xeon E3-1200 Processor Family」に対応する初のLGA 1155対応マザー。対応CPUには、ほかに「Core i3-2100」シリーズも挙げられている。
 スペックは完全にサーバー/ワークステーション向けといった印象で、拡張スロットとしてPCI Express(2.0) x16×1、PCI Express x8×1(x16形状)、PCI Express x4×1(x8形状)、PCI×3、PIKE×1(専用オプションカード用スロット)。DDR3 DIMMスロットは4本(DDR3-1066/1333MH、32GBまで)。
 “Aspeed AST2050+16MB VRAM”によるVGA機能やギガビットイーサネット×4(Intel/82574L)、Mgmt LAN×1、SATA3.0×2、Serial ATA II×4(RAID対応)などをオンボードで搭載する。
 価格は3万3980円。ツクモパソコン本店で販売予定だ。

I/O部 Intel製ギガビット
I/O部の構成。“Aspeed AST2050+16MB VRAM”によるVGA機能を備えるコンシューマ製品で培った省電力テクノロジー「EPU」チップを挟み4つのIntel製ギガビットLANチップが搭載されている

【関連サイト】

【取材協力】

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jp特設サイト

ピックアップ

デル株式会社

ASCII.jpメール アキバマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中