このページの本文へ

FOXCONN「H67M-S-B3」、「H67S-B3」

FOXCONN製の“B3”版「H67」搭載マザーが販売再開へ

2011年03月18日 23時43分更新

文● 増田

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 不具合を解消した“B3ステッピング”版「H67」チップセットを搭載した、FOXCONN製マザーボードの販売が始まっている。

FOXCONN製
FOXCONN製の“B3ステッピング”版「H67」チップセット搭載マザーの販売が再開。micro ATXフォームファクタの「H67M-S-B3」と、Mini-ITXフォームファクタの「H67S-B3」2モデルだ

 登場したのはmicro ATXフォームファクタの「H67M-S-B3」と、Mini-ITXフォームファクタの「H67S-B3」2モデル。いずれも型番末尾に“B3”が付き、“B3ステッピング”採用というのが一目で分かるようになっている。特に、安価かつMini-ITXフォームファクタ採用の「H67S-B3」が購入可能になったのは、コスト優先のユーザーにとっては朗報だろう。
 なお、「H67M-S」と「H67S」のスペック等はこちらの記事を参照してもらいたい。

価格ショップ
「H67M-S-B3」
¥9,800アーク
「H67S-B3」
¥8,480アーク
パソコンハウス東映
ZOA秋葉原本店

【関連サイト】

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事
ピックアップ

ASCII.jpメール アキバマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中