このページの本文へ

前へ 1 2 3 次へ

最強のSMB向けストレージを探せ!

前編・「QNAP TS-412 Turbo NAS」を使ってWebサイトを公開しよう

趣味から実用までこなすQNAPのNASを使ってみた!

2011年04月06日 09時00分更新

文● 原武士

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 3Dだ、動画配信だ、地上波デジタルだと映像周りの新しい流れがひしひしと感じられる昨今。リッチな表現にはデータサイズも膨大になっていくもの。デジタル放送を録画した動画や、高画質なデジカメ写真、高音質な音楽ファイルなどなどの増加に伴って、保管場所の容量不足が気になるユーザーも多いのではないだろうか。

 そうなると、外付けのHDDなどで容量の増設を考えるわけであるが、選択肢のひとつにネットワーク上のHDDこと、NAS(Network Attached Storage)を考えるユーザもいるだろう。

 NASというと、専門的な知識を持つユーザーのみが活用できる製品と思われるかもしれない。

 しかし、最近では、単純にストレージとしてのみではなく様々な便利機能を有する商品が、リーズナブルな価格で店頭に並ぶことも増えてきた。

 その中でも、今回紹介するQNAPのNAS「QNAP TS-412 Turbo NAS」(以下、TS-412)は、ストレージとしてのNASとは一線を画す製品だ。

 この製品は、単体で様々な「サーバー」や「サービス」「セキュリティー機能」を有する、パワフルかつシンプルな大容量マシンと見ても良いかもしれない。

 例えば、以下のようなニーズに対応できる。

UPnPメディアサーバー
 写真や動画、音楽データを外部PCやテレビ、スマートフォンで利用
ウェブサーバー、FTPサーバー、Telnet/SSHサーバー
 職場など外部ネットワークから自分のデータを利用する、知人に巨大なファイルを送信する
ダウンロードサーバー
 ファイルダウンロードをTS-412に任せる
サーベイランスステーション
 IP監視カメラの映像を自動記録する
MySQLサーバー
 データベースサーバーとして利用
ファイルサーバー
 Windows、Mac OS、Linux間でのファイル共有、プリンター共有

 しかも、これらの機能を利用するには、管理ツールから「この機能を使用する」というチェックボックスにチェックを入れて適用ボタンを押すだけ。

 当然、さらに細かい設定を追加することも出来るが、ほとんどの場合は初期設定のままでも十二分に利用可能なのだ。拍子抜けするほど簡単に強力かつ、かゆい所に手が届く機能が搭載されている。

 なお、TS-412に搭載されている機能は以下の通り。

  • ファイルサーバー(Windows、Mac OS、Linux/Unix対応)
  • FTPサーバー
  • ウェブサーバー(バーチャルホスト対応)
  • MySQLサーバー
  • バックアップサーバー
  • iTunesサーバー
  • UPnPメディアサーバー
  • プリンターサーバー
  • マルチメディアステーション(DLNA)
  • ダウンロードステーション(BitTorrentなどに対応するファイルダウンロード)
  • サーベイランスステーション(監視カメラの映像記録など)

前へ 1 2 3 次へ

この特集の記事
ASCII.jp特別企画

Ultrabook、スマホ、白物家電、SSD…気になる製品の最新情報をお届け。夏のボーナスで買うべき製品はコレだ!

夏のボーナス活用企画2012

Twitter Facebook