このページの本文へ

ミネベア「COOL LEAF」

まるで鏡のようなキーボード「COOL LEAF」が展示中!

2011年03月04日 23時19分更新

文● 増田

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 キートップをすべてなくした、全面フラット仕様のユニークなキーボード「COOL LEAF」がミネベアから発売される。本日オープンとなったドスパラ パーツ館でそのサンプルが展示中だ。

「COOL LEAF」 キートップをすべてなくした、全面フラット仕様のユニークなキーボード「COOL LEAF」。メーカーがあのミネベアという点も非常に興味深い

 この製品は、川崎和男氏(デザインディレクター・大阪大学大学院教授・医学博士)がデザインしたという全面フラット仕様となるキーボード。導光板式バックライトを採用した鏡面パネルに文字が浮かび上がるという斬新なデザインで、高いインテリア性だけでなく、医療現場や照明を暗くしたホームシアター、清浄性が求められる食品工場やクリーンルームなど、さまざまな用途で活用できる可能性があるとしている。

比較
LED表示中(左)と消灯中(右)。消えた状態では完全に鏡のような状態となる
入力
手袋(手術用)等をしたままでも入力でき、感度調整および入力確認音のON/OFF切り替えが可能だ

 その他、アクリル+誘電体多層膜(ハーフミラー)採用と防滴対応により、布などで簡単に汚れをふき取ることができるほか、静電容量キースイッチ採用によりキーボード表面に軽く触れるだけで入力が可能。手袋(手術用)等をしたままでも入力でき、感度調整および入力確認音のON/OFF切り替えが可能だ。
 主なスペックは、サイズが383(W)×128(D)×17(H)mm、キーピッチが17.0mm、USBケーブルの長さは1.5mとなる。Windows対応版とMac対応版の2製品をラインナップする。
 発売は5月中旬を予定しており、予価は2万円程度になるという。

スペック
主なスペックは、サイズ383(W)×128(D)×17(H)mm、キーピッチ17.0mm、USBケーブルの長さ1.5m。Windows対応版とMac対応版の2製品をラインナップする

【取材協力】

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jp特設サイト

ピックアップ

デル株式会社

ASCII.jpメール アキバマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中