このページの本文へ

AMD Fusion Tech Dayレポート Vol.1

AMD、デュアルGPUカード「Radeon HD 6990」を公開

2011年01月26日 19時04分更新

文● 小西利明/ASCII.jp編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
Radeon HD 6990の試作品
Radeon HD 6990の試作品

 AMDは26日、シンガポールで開催したイベント「AMD Asia Pacific Fusion Tech Day」にて、Radeon HD 6000シリーズの最上位となるデュアルGPUカード「Radeon HD 6990」の試作カードを初公開した。正式発表と発売は2011年第1四半期の予定。

AMD GPU部門担当副社長のマット・スキナー氏 6990試作カードの背面
6990を初披露する、AMD GPU部門担当副社長のマット・スキナー氏6990試作カードの背面。2基のGPUが並んでいるのがわかる

 Radeon HD 6990はコード名「Antilles」の名で呼ばれていたデュアルGPUソリューションで、製造プロセス40nmの「Radeon HD 6900」(コード名:Cayman)シリーズのGPU 2個を、1枚のカード上に搭載するウルトラハイエンドの製品となる。

2010年10月に公開されたスライドより 2010年10月に公開されたスライドより。6990は6000シリーズの最上位に位置する

 2スロット占有タイプの巨大なグラフィックスカードで、中央に大きなファンを1基、その両側に2基のGPUを搭載する。試作カードの電源コネクターは、8ピン+6ピンのPCI Express電源コネクターをカード上部に装備する形となっていた。

6990の電源コネクター部分 6990の電源コネクター部分

 ブラケット部分にあるディスプレー出力は、デュアルリンクDVI出力×1と、Mini DisplayPort出力×4の計5基。また、上部には複数カード接続用のCrossfireコネクターが1つ用意されている。ただし、これらの仕様は試作カードのもので、製品版では変わる可能性がある。

ブラケット部分のディスプレー出力 ブラケット部分のディスプレー出力。カード1枚で最大5系統まで出力できるようだ

 カードのサイズや重量、消費電力等は公開されなかったが、現在販売されているデュアルGPUカード「Redeon HD 5970」と、いずれもほぼ同等程度になるようだ。その場合、長さは約290mm以上になる。

 登場時期は2011年第1四半期と明言されたものの、正確な発表日や価格等は現時点では未発表である。

カテゴリートップへ

最新記事

ASCII.jp特設サイト

ASCII.jpメール アキバマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ピックアップ

デル株式会社