このページの本文へ

独自方式のフラワータッチも利用可能

ATOK試用版、ドコモスマートフォンユーザーに提供

2010年11月26日 12時35分更新

文● ASCII.jp編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 ジャストシステムは、「Androidで試してナットク!エイトック!トライアルキャンペーン」と題し、ドコモのAndroidスマートフォンユーザーを対象に「ATOK for Android [Trial]」を無償提供する。試用期限は2011年2月28日まで。

Xperia/GALAXY Sユーザーであれば、Androidマーケットからダウンロード可能

 同社は9月に「ATOK Pad for iPhone」をリリース。同時にAndroid版ATOKの開発を公表していた。ATOK Pad for iPhoneは独自のメモ帳アプリ内での利用に限定されているのに対し、日本語入力プログラムをユーザーが自由に追加/変更できるAndroid端末においては、さらに高い期待感を持って登場が待ち望まれてきた。なおドコモ「REGZA Phone T-01C」、au「REGZA Phone IS04」(ともに富士通東芝モバイルコミュニケーションズ製)にはATOKのプレインストールがすでに告知されている。

 ATOK for Androidの特徴は、高い変換効率/推測変換はもちろんのこと、独自の「ジェスチャー入力」を採用している点も挙げられる。フリック入力が4方向でかなを選択するのに対し、ジェスチャー入力のフラワータッチは斜め上方にかなが表示されることで、指を弾くようにテンポ良く操作できる。フリック入力や通常のケータイ入力、QWERTYキーでのローマ字入力にも対応する。

一番左が注目のジェスチャー入力である。フリック入力にも対応する

 対象機種は、現時点では「Xperia」「GALAXY S」の2モデル。Androidマーケットからダウンロードが可能だが、他キャリアのAndroid端末から同様に検索してもソフトが表示されなかったことから、今回のバージョンの利用はドコモユーザーに限定されているようだ。


カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jp特設サイト

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ピックアップ

富士通パソコンFMVの直販サイト富士通 WEB MART