このページの本文へ

前へ 1 2 3 次へ

クラウド連携で複数PCとの共有もラクラク

ScanSnap S1100──引き出しに入る小型スキャナーを使う

2010年11月16日 09時00分更新

文● 後藤宏

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
デスク周りのちょっとスペースに収納できるコンパクトサイズのドキュメントスキャナーPFU「ScanSnap S1100」

 会議資料やプレゼン資料、帳票や過去資料など、インターネットが情報収集の手段として使われ、メールが一般的な通信方法となっても、デスクの上は、いわゆる紙資料であふれがちだ。デスクであふれているのは、おおむね使い終わった資料で、筆者のように無精な輩は、捨ててよい資料と捨ててはいけない資料を区別できなくなり、整理不能に陥っている。

 そこで、頼りになるのがドキュメントスキャナーだ。デスク上の書類を片っ端からデータ化してしまえば、デスクの上はスッキリ!する。しかし、デスク上にドキュメントスキャナーを置いておいておける贅沢なビジネスマンは少ない。ドキュメントスキャナーのメリットを十分にわかってはいても、スペースの問題で導入できず、涙を飲んでいたユーザーもいるだろう。

 今回、PFUからリリースされた「ScanSnap S1100」(直販価格:1万7800円)は、そんなユーザーの救世主となりうるドキュメントスキャナーだ。デスク周りのちょっとスペースに収納できる極めてコンパクトなサイズで、省スペースで利用するのにピッタリのモデルだ。それでは、さっそく本製品の基本性能を確認していこう!

世界最小クラスを実現したコンパクト設計!

 まずは、本製品の最大の特徴でもあるサイズだ。デジタルレコーダーのリモコンとさほどかわらないスティック状の本体は、前後の用紙ガイド部分を閉じた収納時で幅273×奥行き47.5×高さ34mm。

 用紙ガイドを開き奥行きと高さが増した稼働状態でも奥行き約74mm、高さ約48mmで(実測値)、デスク上に無理なく接地できるサイズだ。しかも、背面側の排出ガイドは、原稿が上方向に抜けて手前に戻る「Uターンパス機構」を採用。スキャンした原稿が手前に戻るため、原稿が排出される分のスペースも約半分。デスク上で無理なく扱える設計だ。

用紙ガイドを閉じた状態。サイズはデジタルレコーダーのサイズをひと回り大きくした感じ前後の用紙ガイドを開いた状態。この状態でも奥行きは約74ミリと、非常に省スペース。デスク上のわずかな隙間にも展開できる

 しかも、電源はUSBバスパワー駆動となっており、いちいちコンセントに接続する必要はない。USBケーブル1本で利用でき、面倒がないのがうれしいポイントだ。

 また、重量も350gと軽量で、デスク上に展開したり、引き出しに収納したりするのも苦にならない。女性でも手軽に扱えるサイズと重量だろう。欲をいえば、収納時に縦置きができるスタンドがほしいところ。ぜひオプションで追加発売してほしいところだ。

 読み取り速度も、片面読み取りではあるものの7.5秒/面を実現しており、同社のコンパクトモデル「ScanSnap S1300」と同等だ。給紙は一度に1枚だが、一度「Scan」ボタンを押して、原稿が読み取られたあと、続けて原稿をセットすると自動的にスキャンを開始する「連送給紙機能」を装備。

背面の用紙ガイドで、スキャンした用紙が上方向に排出され、そのまま手前方向に戻る仕組み。なお、背面のガイドを閉じれば、スキャンした用紙は、そのまま背面へ排出されるUターンパス機構により、原稿が手前に戻されたら、そのまま原稿を挿し込めば、連続でスキャンを続けられる。なお、原稿は上下が反対でも、自動的に正しい方向へ回転される

 原稿サイズは自動検出で最適化されるほか、長尺原稿も「Scan」ボタン長押しで対応。厚みのある用紙にも対応でき、名刺やIDカードなどもスキャンできる(ストレートパス機構を使用時)。従来までのモデルと同等の性能を備えていながらも、驚異的なコンパクトサイズを実現しているのだ。

訂正とお詫び:掲載時「製品名(ScanSnap S1300)の記載に一部誤りがある」というご指摘をいただき、本文を修正しました。お詫びするとともに訂正いたします。(10月16日)

前へ 1 2 3 次へ

最新記事
最新記事

ASCII.jp ビジネスヘッドライン

アスキー・ビジネスセレクション

QDレーザー販促企画バナー

ピックアップ