このページの本文へ

前へ 1 2 3 4 5 次へ

お台場はもはや痛車のメッカ!

ついに痛車1000台オーバー! 痛Gふぇすた 2010レポート

2010年10月27日 19時29分更新

文● 伊藤真広

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

世界最大級の痛車イベント
「痛Gふぇすた」の3回目が開催!

 真夏の暑さも過ぎ去り、ようやく過ごしやすくなった10月10日に、東京はお台場レインボータウンの駐車場にて、全国から痛車が集結して「痛Gふぇすた in お台場 2010」が開催された。

 主催はお馴染みの、痛車専門誌「痛車グラフィックス(痛G)」。

会場が広すぎて用意した広角レンズでも会場の半分しかフレームに収めることができなかった

 一昨年は500台、昨年は800台が集結した「痛Gふぇすた」だが、今年はついに大台の1000台以上の痛車、痛単車、痛チャリが会場に集結したため、昨年まであった会場の余裕はなくなり、駐車スペースはギリギリまで詰めて停車しなければならないほどになっていた。これら1000台の痛車の中から、来場した一般客からの投票によって「痛Gふぇすた in お台場 2010 アワード KING OF 痛車」が選び出されるのだ。

 今年の「KING OF 痛車」で1位を獲得したのは、美少女ゲームメーカー「Lass」の代表作で、TVアニメ化もされた「11eyes」でドレスアップしたホンダのオデッセイ。

 同車をはじめとしたアワードを受賞した痛車や痛単車、痛チャリの数々は、芸文社より発売される「痛車グラフィックス」の9号でお伝えされると思うので、そちらを楽しみにお待ちいただくとして、広い会場に所狭しと停められた出展企業やアワードエントリー車両の中から、筆者の琴線に触れた車両をご紹介していきたい。他の参加車たちは今後のレポートにて!

こちらが痛車部門で第1位を獲得した11eyesオデッセイ。可愛いコスプレイヤーさんを2人も引き連れて参加とか、彼はどれだけリア充なの! カッコイイ車に美女2人なんて、うらやましいと言ったらありゃしない!
会場内のトレーラーステージではゲストによるライブも行なわれた。写真は、桃井はるこさんによるライブステージ自分のステージの開始時刻までの間に、会場内で痛車を見て回る桃井さん。自身が出演する「シュタインズゲート」の痛車を発見して、フェイリス・ニャンニャンのコスプレイヤーさんと一緒に記念撮影をしていた
ASCII.jpでもおなじみのグッスマレーシングのミクポルシェは、レーシングミクサポーターのAYAMIちゃん、サキちゃん、しほみちゃんたちと一緒に来場。会場を訪れたファンたちと記念撮影したり、中止になった第7戦の富士スピードウェイで配布予定だったステッカーをプレゼントしていた
■Amazon.co.jpで購入

(次ページへ続く)

前へ 1 2 3 4 5 次へ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jpメール アキバマガジン

ピックアップ