このページの本文へ

TIFFの舞台挨拶にみーくんまーちゃんが揃って登場

2010年10月25日 19時00分更新

文● 伊藤 真広

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 TOHOシネマズ六本木ヒルズをメイン会場に10月23日から始まった第23回東京国際映画祭(TIFF)。3日目には、弊社より発行の入間人間著「嘘つきみーくんと壊れたまーちゃん」の劇場版が、2011年1月22日の全国上映に先駆けて上映された。
 初回上映の際には、まーちゃんこと御園 マユ役の大政絢さん、みーくん役の染谷将太さん、上社奈月役の田畑智子さん、監督の瀬田なつきさんの4人が登壇する舞台挨拶が行なわれた。

「嘘つきみーくんと壊れたまーちゃん」は、2011年1月22日より全国ロードショー!!

 まず、まーちゃん役の大政絢さんが「東京国際映画祭で『嘘つきみーくんと壊れたまーちゃん』が上映されるということで、みなさんに見ていただく機会が増えることを嬉しく思います。この作品は、ピュアでまっすぐな恋愛や、過去の残酷な部分があったり、いろいろな感情がある映画なので、最後まで楽しんで帰ってください」と挨拶をした。
 続いて、みーくん役の染谷さんが「本日はご来場ありがとうございます。ほとんど大政さんが言ってくれたんですが、かわいくて残酷な両面性を楽しんでいってください」と挨拶をした。
 上社奈月役の田畑さんは「映像から風とかが吹いてきそうな勢いのある、新しい映画を見たなという感じがしました。内容はすごく残酷なんですが、それをサラッと見れるというのが面白いと思いました。今日は楽しんでいってください」と完成した映画を見ての感想を述べた。
 最後に本作がメジャー配給としては初メガホンとなった瀬田監督から「今日はじめて、お客さんに見ていただくんですが、どのように見ていただけるのか緊張しています。必死に作った映画なので、楽しんでいただければと思います」と緊張した面持ちで挨拶した。

23日のグリーンカーペットも歩いた「御園 マユ(まーちゃん)」役の大政絢さん「みーくん」役の染谷将太さん上社奈月役の田畑智子さん
本作品がメジャー初監督となる瀬田なつきさんは、デビュー作を見に来た観客を前に終始緊張した面持ちだった

 挨拶に続いて“みーくんみたいな男性はいかがですか”と司会が大政さんに質問すると大政さんは「みーくんは、まゆに対して、一途に恋愛をしているというか、すごいわがままを聞いたりだとか、ほんとうにまゆは幸せものだなと思います」とコメント。
 同じ質問が田畑さんにも振られ「すごく痛々しいほどにがんばっている姿が、素敵なんじゃないかと思いました。相手をそこまで思えるというのは素晴らしいと思いました」と語った。
 女性陣2人に続いて、染谷さんにも“まーちゃんみたいな女の子はどうですか?”と質問が行われ「本当に難しい質問なんですが、守ってあげたくなるんじゃないですかね……」と話した。
 また、監督の瀬田さんは“必死になって撮影したとのことでしたが、どのへんが大変でしたか?”という質問に「商業デビュー映画だったので、全部大変でしたが、すごく楽しかったです。キャストの方もスタッフの方もがんばってって感じで。みなさんに見守っていただいて、全力を出し切る現場を作っていただけました」と撮影を振り返って話した。
 また作品について「原作がすごく大胆な世界観だったので、それを映像で描くのにどこをメインにするか悩みまして、ラブストーリーをメインに物語を再構築しました。ぜひ原作ファンの方は原作と映画の差を探して、違いを楽しんでいただければと思います」とコメントした。

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jpメール アキバマガジン

ピックアップ