このページの本文へ

AES-256などの高度な暗号化技術に対応

マカフィー、暗号化USBメモリ「Encrypted USB version1.3」

2010年10月21日 06時00分更新

文● TECH.ASCII.jp

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 10月20日、マカフィーは、セキュリティ機能を備えた暗号化USBメモリ「McAfee Encrypted USB(マカフィー エンクリプテッド USB)」の最新版「Encrypted USB version1.3」を発表。10月21日より販売開始する。

セキュリティ機能を備えた暗号化USBメモリ「Encrypted USB version1.3」

 新バージョンはAES-256やFIPS-140-2(米国政府基準)など高度な暗号化技術を採用。USBメモリにコピーまたは移動するだけで、情報を自動的に暗号化し、情報の利用は権限を持つユーザーのみに制限する。これにより機密データがどこに持ち出されてもセキュリティを保証する。

 また、使用中のUSBメモリを全社規模で一元管理するとともにレポーティングし、セキュリティ強化を実現するセキュリティマネジメントコンソール「McAfee ePolicy Orchestrator」に対応。

 さらに、USBメモリにあらかじめ組み込まれたアンチウイルスエンジンがデータをウイルスチェックし、感染している場合にはウイルスを除去できる。

 対応OSはWinodws XP/Vista/7。価格は1GBが1万290円、2GBは1万5750円、4GBが2万790円、8GBは3万6750円(税込)。

■関連サイト

カテゴリートップへ

ピックアップ