このページの本文へ

前へ 1 2 次へ

人気声優・小林ゆう、業界初のリバーシブル写真集を発売!

2010年08月23日 17時00分更新

文● 清水

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 テレビ東京系アニメ「銀魂」の猿飛あやめ役や「爆丸バトルブローラーズ ニューヴェストロイア」のダン役など、声優として活躍している小林ゆうさんが、DVD付きムック『two love×one love』(発売:小学館/2625円)をリリース。22日に握手会が秋葉原の書泉ブックタワーで行なわれた。

 人気のグラビアイドルが出演している小学館「sabra」のムックシリーズに、現役の声優が起用されるというのはめずらしいケースだ。小林さんが声優としてだけでなく、ロックバンド「Crush Tears」のボーカル“YU”として活動していることもあり、ムックとしては業界初のリバーシブル仕様。右開きでページをめくると普通の衣装やメイド服、ウェディングドレスなど、声優としての小林さん。左開きでめくるとモノトーンの衣装でロックシンガーになった小林さんのイメージが楽しめる。
 取材でも、女の子っぽいかわいい声と、ロックシンガーとしてのハスキーボイスを使い分けて、2人のキャラを演じきってくれた。

――写真集発売についてどう思いますか?
【小林ゆう】すっげぇ、写真集ができて嬉しいです。マジで! 女性的な小林ゆうと、Crush Tearsの男性的なYU、2人が入り交じった写真集。バラエティに富んでいて、DVDもめちゃくちゃ大ボリューム。

――好きな写真は?
【小林ゆう】髪の毛をくしゃくしゃにしている雰囲気的なものとか、人形になりきっている写真とか。白いシャツで初めておヘソを見せている写真も好きです。少年っぽいセクシーさが出ていて、チラリズム的だと思います。

――どっちが本当の小林ゆうさん?
【小林ゆう】自分でもどちらが出てくるかわからなくて、エキサイティングです(笑)。仕事によって人格を使い分けられるようになってきていますね。仕事がとにかく大好き。仕事=夢。今は仕事に恋をしています。

 撮影にあたっては、事前のファンからアンケートをもらい、どんなイメージにするかなどを考えており、その点もまた見どころとのこと。25日にはCrush Tearsとしてのファーストアルバム『Crush Tears I』が発売される。

(写真特集ページへ続く)

前へ 1 2 次へ

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jp特設サイト

ASCII.jpメール アキバマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII @LIVE 2016、この秋開催

ピックアップ

デル株式会社