このページの本文へ

前へ 1 2 3 4 次へ

鳥居一豊の「最新AVプロダクツ一刀両断」 ― 第13回

薄型スリムボディには楽しい機能が満載

ローディングが超早!  2.5万円のBDプレーヤー「BDP-S370」

2010年08月18日 12時00分更新

文● 鳥居一豊

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
「BDP-S370」
「BDP-S370」

 この秋~年末にかけて、BDレコやBDプレーヤーの新製品が続々と登場することが予想されている。理由はもちろん「3Dソフト」対応だが、ハード業界には「3D」を牽引役としてブルーレイディスクへの転換を加速しようという目論みもある。

 パッケージソフトとしては今も主流といえるDVDからBDへの転換を図ろうというわけだ。今回紹介する「BDP-S370」は、まさにBD普及のための先兵で、おそらくBDプレーヤー全体でもっとも安価な価格帯で登場する。9月17日発売で、実売価格はおよそ2万4800円だ。


驚きの超薄型ボディ

高さ約36mm、奥行き約219mmというコンパクトサイズを実現

 3D非対応ということで、すでにBDレコやプレイステーション 3を持っている人にとってはあまりインパクトのないモデルと感じるかもしれない。ところが、これがなかなかに先進的な機能を盛り込んだ意欲作となっており、話を聞けば聞くほど欲しくなってしまうはず。

 まず、超薄型と言えるボディサイズに驚く。幅430×奥行き219×高さ36mmとなっており、横幅こそコンポサイズだが、その薄さや奥行きはちょっと厚めの雑誌のような感じ。これはもう、「電池を内蔵してポータブル機にしようよ」と言いたくなるサイズだ。

 この超薄型フォルムには理由があって、まだまだ現役のHDD/DVDレコの上などに載せて使うことを狙っている。置き場所の心配をすることなく、手軽に買い増ししてBDソフトを楽しめるというわけだ。

前面のフォルム。操作ボタンは下方の出っ張った部分に配置前面のフォルム。操作ボタンは下方の出っ張った部分に配置

 超薄型のボディを見ていくと、前面は下部がΣ形にへこんだ形状となっており、基本操作ボタンは最下部の平らな部分に配置されている。「BD-LIVE」のコンテンツ保存をはじめ、静止画や音楽データを再生できるUSB端子も前面に配置している。

前面は左側にトレイを配置。下部のへこんだ部分にUSB端子を備える。USBメモリーやUSB HDD(FAT32フォーマット)との接続時でも、多彩なフォーマットの動画や静止画、音楽ファイルの再生が可能。背面は薄型設計ながら、出力端子は十分な装備を備える。電源コードは着脱不可のタイプだ
前面は左側にトレイを配置。下部のへこんだ部分にUSB端子を備える。USBメモリーやUSB HDD(FAT32フォーマット)との接続時でも、多彩なフォーマットの動画や静止画、音楽ファイルの再生が可能。背面は薄型設計ながら、出力端子は十分な装備を備える。電源コードは着脱不可のタイプだ

 背面の入出力端子も必要十分な装備で、HDMI1系統をはじめ、コンポーネント映像出力、ビデオ出力、デジタル音声出力(光1、同軸1)を備える。USB端子は背面にもあり、無線LANアダプターの接続にも対応。このほかに、本機の最大の特徴ともいえるEthernet端子がある。

前へ 1 2 3 4 次へ

この連載の記事

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jp特設サイト

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ピックアップ

富士通パソコンFMVの直販サイト富士通 WEB MART