このページの本文へ

前へ 1 2 3 次へ

【所長コラム】「0(ゼロ)グラム」へようこそ

サイボーグ女子高生とデジタル教科書

2010年05月31日 12時00分更新

文● 遠藤諭/アスキー総合研究所

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
教室

 2010年5月10日、東京学芸大学の大学院生たちの「電子書籍」についてのワークショップに参加させてもらった。彼らには「2017年のデジタル教科書」というテーマが与えられていて、数人ずつのグループで検討してきたものをレビューしてもらった(関連記事)。わたしが加わったグループは留学生が多く、日本人4人、中国人2人、タイ人1人だった。日本人のうち1人はお子さんのおられる方で、1人は聴講生、そして中国人の1人だけが男性である。

 教師を目指している学生たちだけあって、パソコンのリテラシーは一定以上にあるようで、iPhoneの利用者も1人いた。彼らは「女子高生の1日」という内容で、2017年のデジタル教科書をプレゼンしてくれるという。


「デジタル教科書」で目覚める
とある女子高生の1日

 2017年のある女子高生の1日……まず朝は、“デジタル教科書の目覚まし機能”によって目覚める。すぐに“デジタル教科書が彼女の全身をスキャン”して、体調を確認。必要があれば適切なアドバイスをする。朝食に何を食べたのかも、“デジタル教科書”が画像認識して記憶する。

 「朝起きるところから教科書の出番ですか?」とわたしは言ったが、学生たちはその点に違和感を持っていない様子。教科書なので、授業中での大活躍はいうまでもない。

 タイの留学生が説明してくれた美術の授業では、3Dメガネをかけてバーチャルな自然の中に入り、それを2次元の絵としてスケッチするそうだ。端末は、iPadみたいなタブレットと、分離可能なiPhoneくらいの子機からなっている。相当の表現が作り込めるようになっているようで、「大きな素材や道具を運んだりする必要がない」と説明していた。

 “紙”の教科書ではできないことで、ネットワークに繋がっているのも当たり前。その結果、「学校とか授業というのはどうなってしまうのか?」、「教師というのはどのような立ち位置になるのか」、「図書館はどうなるのか?」など、話を聞くといろんな意見が返ってくる。大人のシロートのわたしが考えるくらいのことは、教師を目指している人たちだから当たり前かもしれないが、どんどん出てくる。

 わたしがまったく予想していなかったのは、“放課後のデートのコンシェルジェ”ともいえる使い方だ。昼休みに、恋人とテレビ電話的なコミュニケーションで連絡をとる。デートのコーディネート機能もあり、GPSを使って待ち合わせにも生かされている。『花より男子』の世界が、想定としてはやはりあるわけなのだろう。

前へ 1 2 3 次へ

最新記事
最新記事

ASCII.jp ビジネスヘッドライン

アスキー・ビジネスセレクション

QDレーザー販促企画バナー

ピックアップ