このページの本文へ

前へ 1 2 次へ

荻窪圭の“這いつくばって猫に近づけ” ― 第154回

アスファルトが最高!? ごろんと転がる猫たち

2010年05月28日 12時00分更新

文● 荻窪圭/猫写真家

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
足元にとことこやってきたかと思ったら、目の前でごろんと転がって「にゃあ」。気の抜けた前足が「うらめしや~」っぽくて可愛い(2008年6月 富士フイルム FinePix F100fd)
足元にとことこやってきたかと思ったら、目の前でごろんと転がって「にゃあ」。気の抜けた前足が「うらめしや~」っぽくて可愛い(2008年6月 富士フイルム FinePix F100fd)

 アスファルトやコンクリートの上で無防備に寝転がってて、そっと近づくと目が合って、見つめあって、どうするのかな、警戒して逃げちゃうかな、と思ったら、その場でゴロン。

アスファルトのど真ん中に白い物体が、と思ったら猫だった。近寄らせてはくれなかったけど、目の前で何度もごろごろ(2003年3月 サンヨー DSC-J1)アスファルトのど真ん中に白い物体が、と思ったら猫だった。近寄らせてはくれなかったけど、目の前で何度もごろごろ(2003年3月 サンヨー DSC-J1)

 夏は別として、日向のアスファルトって温かいのみならず、きっとざらざらしてごつごつして転がると気持ちいいに違いない。ノミがいて痒いときはよく身体を地面にこすりつけて掻くことがあるけど、それに近い感じなのだろう。土よりアスファルト。

 これは警戒されているのかされてないのか、さっぱりわからん。

寒い冬、日向ぼっこしながらごろん。全身で太陽光を浴びてた。液晶モニタが回転する望遠デジカメだったので、ローアングルで転がる様子を撮ってみた(2009年2月 キヤノン Powershot SX1 IS)

 でも、猫がお腹を出してごろんと転がるさまは可愛くて面白いので、見つけたら即座に撮影である。

 犬系の獣がお腹を出して寝転がったら、それは降伏・服従のサインだというけれども、猫の場合はリラックスしているというサインなんじゃないかという。見知らぬ人がやってきてもごろごろしてるくらいだから、よっぽどのんびりしてるんだろう。

 お腹を出した状態は無防備だからね。

 もっと慣れた猫になると、わざわざ人の足元にやってきて、ごろんと転がってお腹を見せる(冒頭写真)。

 写真撮ってるときに突然近寄られると、ピントが合わなくなって困るんだけどね。近すぎると撮りづらいじゃないか。

 でもすりすりしてくるのは許す。

前へ 1 2 次へ

この連載の記事

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jp特設サイト

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ピックアップ

富士通パソコンFMVの直販サイト富士通 WEB MART