このページの本文へ

前へ 1 2 次へ

荻窪圭の“這いつくばって猫に近づけ” ― 第146回

猫撮りで便利! ソニー「HX5V」の3つの魅力

2010年04月02日 12時00分更新

文● 荻窪圭/猫写真家

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
布団の上で2匹がなかよくお昼寝してたので、起こさないようそっと近づいて撮影。ホワイトバランスは白い猫で合わせた(2010年3月 ソニー Cyber-shot DSC-HX5V)
布団の上で2匹がなかよくお昼寝してたので、起こさないようそっと近づいて撮影。ホワイトバランスは白い猫で合わせた(2010年3月 ソニー Cyber-shot DSC-HX5V)

 春の新製品デジカメシリーズ第4弾はソニーの「Cyber-shot DSC-HX5V」。ネット上ではかなりの人気で(とりあえず、Twitterのわたしのタイムライン上では!)、一時は各店で在庫がなくなったくらい。

 人によって褒める所は違っていて、このサイズと価格(実売4万5000円前後)でフルHDが撮れるのがすごいという人もいるし、高感度がいいという人もいるけれども、わたしの注目ポイントは「GPS搭載」なのだ。GPS搭載と高感度と10倍ズームレンズ。この3つ。

これがCyber-shot HX5V。コンパクトな高倍率ズームで、旅行用カメラとして人気のジャンルだ。側面に「GPS」と書いてあるのがポイントこれが「Cyber-shot DSC-HX5V」。コンパクトな高倍率ズームで、旅行用カメラとして人気のジャンルだ。側面に「GPS」と書いてあるのがポイント

 まずはGPS。ふらふらと歩いていて猫を発見! 即座に撮る。ここまではどんなデジカメでも問題ないのだが、あとになって「あの猫はどこで撮ったんだっけ?」となったとき、GPSが威力を発揮するのだ。

 HX5Vを起動して約10秒待つと、内蔵のGPSユニットが現在地を測位してくれるので、それを確認して撮影するだけでいい。

 実際には5秒で済むこともあるし、都会の高層ビル街で空があまり見えてないと何十秒もかかったり、位置がずれたりするけど、おおむね超高速。ただし、高速測位を実現するにはパソコンから「GPSアシストデータ」をカメラに転送する必要がある。そのくらいの手間はしょうがない。

柴又帝釈天の近くで偶然見つけたきれいな猫。おなかがちょっとたるんでるのは愛嬌。目があった瞬間に撮ってみた(2010年3月 ソニー Cyber-shot DSC-HX5V)柴又帝釈天の近くで偶然見つけたきれいな猫。お腹がちょっとたるんでいるのは愛嬌。目が合った瞬間に撮ってみた(2010年3月 ソニー Cyber-shot DSC-HX5V)

 HX5Vはその位置情報を写真のEXIF情報につけてくれる。写真などのデータについている位置情報を「ジオタグ」というのだが、そのジオタグ対応ソフトを使うと、このように写真と一緒に地図も表示してくれたり、地図上に写真を表示したりしてくれるのだ。

地図と写真を連動して使えるアプリがあればこんな表示もできる。遊びに行ったあとに使うと、移動経路もわかって楽しい。これは「JetPhoto Studio」というアプリの地図表示モード地図と写真を連動して使えるアプリがあればこんな表示もできる。遊びに行ったあとに使うと、移動経路もわかって楽しい。これは「JetPhoto Studio」というアプリの地図表示モード

 1日遊びに行って、帰ってきて、地図と一緒に写真を見る。これが楽しいのである。

前へ 1 2 次へ

この連載の記事

注目ニュース

最新記事

ASCII.jp特設サイト

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ピックアップ

富士通パソコンFMVの直販サイト富士通 WEB MART