このページの本文へ

msi「Big Bang-XPower」

msi最新ハイエンドマザー「Big Bang-XPower」が店頭に!

2010年05月21日 23時27分更新

文● 増田

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 msiからチップセットに「X58」+「ICH10R」を搭載したLGA 1366対応マザーボード「Big Bang-XPower」が発売となった。PCI Express x16形状のスロットを6本搭載する、ハイエンドモデルだ。

「Big Bang-XPower」
msiからチップセットに「X58」+「ICH10R」を搭載したLGA 1366対応マザーボード「Big Bang-XPower」が発売

 同製品の拡張スロットの構成は、PCI Express x16形状のスロット6本とPCI Express x1が1本(付属のQuantum Waveオーディオカードで使用)。6本あるPCI Express x16の動作モード内訳は以下の通りとなる。

・x16+x0+x0+x16+x0+x0
・x16+x0+x0+x8+x8+x0
・x16+x0+x0+x8+x4+x4
・x8+x0+x8+x16+x0+x0
・x8+x0+x8+x8+x8+x0
・x8+x0+x8+x8+x4+x4
・x8+x4+x4+x16+x0+x0
・x8+x4+x4+x8+x8+x0
・x8+x4+x4+x8+x4+x4

 ご覧のように多数の組み合わせが存在するが、同モデルではPCI Express 2.0ブリッジ「nForce 200」などは採用されていないため、x16+x16+x16のような構成が利用できない点には注意が必要かもしれない。なお、メモリスロットはDDR3 DIMM×6でDDR3-2133(OC)/2000(OC)/1800(OC)/1600(OC)/1333/1066MHzに対応、最大24GBまで搭載可能となる。

動作モード
拡張スロットの構成は、PCI Express x16形状のスロットを6本とPCI Express x1が1本(付属のQuantum Waveオーディオカードで使用)。6本あるPCI Express x16の動作モードの内訳をよく確認して使用したい
CPU周り
「Big Bang」シリーズの特徴のひとつであるHi-c CAPポリマータンタルコンデンサをCPU周りに採用

 オンボードインターフェイスには、デュアルギガビットイーサネット(Realtek/RTL8111DL×2)やIEEE1394(VIA/VT6315N)、Serial ATA III×2(Marvell/9128)、Serial ATA II×6(ICH10R)、eSATA×2、USB3.0(NEC)×2などを搭載。
 その他、CPU周りにHi-c CAPポリマータンタルコンデンサを採用するほか、“DrMOS”を全回路に装備。わずか1秒でオーバークロック設定が可能な“OC Genie”や、オーバークロック時の各種ステータス監視や設定を行なえる有機LEDディスプレイ搭載コントロールパネル「OCダッシュボード」も付属される。価格および販売ショップは以下の通りだ。

「OCダッシュボード」
オーバークロック時の各種ステータス監視や設定を行うことができる有機LEDディスプレイ搭載コントロールパネル「OCダッシュボード」も付属
価格ショップ
「Big Bang-XPower」
¥40,800OVERCLOCK WORKS
¥42,280T-ZONE.PC DIY SHOP
¥42,800アーク
¥43,770フェイス秋葉原本店

【関連サイト】

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

STAR WARS バトルフロント II実況

ピックアップ

デル株式会社

ASCII.jpメール アキバマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中