このページの本文へ

企業システムを席巻する BI最新事情 ― 第14回

ビーブレイクシステムズが自社のノウハウを活かし、ユーザーを支援

OSSのプロジェクト管理ツール「Redmine」のサポート開始

2010年04月20日 09時01分更新

文● TECH.ASCII.jp

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 4月19日、ビーブレイクシステムズはオープンソースのプロジェクト管理ツール「Redmine」の導入サポートをスタートした。

 Redmineはソフトウェア開発の進捗などを、ガントチャートによりグラフィカルに管理できる。また、バグや新機能開発、修正などの課題を一元管理するほか、権限設定やユーザー管理もWebブラウザから行なえる。ソフトウェア開発会社であるビーブレイクシステムズも、以前からRedmineを社内で利用しており、自社向けにさまざまな拡張を施しているという。

利用中のRedmineの画面レポート出力例

 同社は、このシステムの構築ノウハウをまとめ、導入サポートサービスとして提供する。具体的にはインストールや初期設定、移行等のサポートなどを行なう。

カテゴリートップへ

この特集の記事
ピックアップ