このページの本文へ

前へ 1 2 3 4 5 次へ

Mac新製品、いいとこ悪いとこメッタ斬り座談会

2009年10月30日 12時00分更新

文● 広田稔/ASCII.jp編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 21日にMacの新機種がドドドッと発表されたのは周知の通り(関連記事)。そのリリースを受けて、弊社内のMac関連の部署が大いに盛り上がっている! 

 出たばかりの新機種について何か語りたいということで、ASCII.jpのMac担当・ヒロタがMacPeopleの吉田編集長と緊急座談会を開いたところ、何と通りすがりの石坂・元MacPower/MacPeople編集長まで乱入してきた!!

 3人は新機種をどう見るのか? そしてアップルに何を求めるのか? 思いのタケをこってり語ってみたぞ。

議論のつきない吉田(左)と石坂(右)。やっぱりMac好きはこだわりが強い!


新iMacはやっぱり「買い」だ

ヒロタ:多分、読者の一番の気になる点だと思うんですが、今回でいちばんのオススメ機種ってのは何ですかね?

吉田編集長
MacPeopleの吉田編集長

吉田:やっぱり27インチのiMacかな。16万8800円で買える27インチの下のモデル(3.06GHz)がオススメです(Apple Storeで見る)。はっきり言って、めちゃめちゃお得でしょう。21.5インチの上のモデルとは2万円しか価格差がないのに、それでいきなり液晶のサイズが5.5インチ小さくなっちゃうし。

 MacPeople本誌でも書いたことだけど、27インチは旧24インチとほとんど同じ高さというのもポイントだと思う。普通にイスに座って使うと、旧24インチは見上げる感じになる人も多いんだよね。というのも、液晶ディスプレー下の幅が大きいから。一方で27インチは、高さは一緒なんだけど、その分、ディスプレー部分が下に来てる。だから、違和感があまりない。

iMac
Apple Storeにあった27インチiMac

ヒロタ:俺はApple Storeで27インチを見て、「机の上に置いたら離さないと見にくいかな」と思いましたけど……。

吉田:俺もそう思ってたんだけど、割とそうでもない。しかも、画面解像度も2560×1440ドットとかなり高い。横の解像度は、2560×1600ドットという30インチの「Apple Cinema HD Display」と一緒なんだよ。

 30インチのCinema HD Displayはやっぱり大きくて、手元から少し離しておかないと画面の端まで視界に入りにくかったんだけど、27インチになると普通に全部見える印象だった。

ヒロタ:iMacの液晶ディスプレーに関して言えば、パネルが変わってが画質がよくなったという話もありますよね。TN方式よりも視野角が広い、IPS方式のパネルを採用したという。

吉田:iMacは、旧モデルでも24インチはIPSパネルだったよね。旧20インチはTN方式だったので、旧24インチと比べると明らかに画質差があった。でも今回は27インチも21.5インチも同じIPS方式になった。

 前は20インチの方が安くていいなと思っても、店頭で比較すると液晶ディスプレーの違いが明らかなので、何となく購買意欲をそがれてしまっていた。でも、これからはそんなことはないんだよね。サイフや自分の家の設置スペースに合わせて、27インチでも21.5インチでも選べばいい。

今回は、21.5インチ/27インチともIPSパネル。下のモデルでも安心して買えるぞ!

ヒロタ:何だか新しいiMacが欲しくなってきた(笑)。家に24インチがあるんですけどね。

吉田:でも前言を覆してアレなんですけど、DTPやグラフィック、映像をやるならまだしも、普通に使う分にはあんなに広い画面はいらないかもしれない(笑)。

 電子メールやウェブブラウズに使う程度だったら、空きスペースが多くて逆に寂しい気持ちになってしまう。Windowsみたいにサイドバーがあると見た目が賑やかだけど、Mac OS Xだと何か寂しくなってくるのよね。

 せっかくMagic Mouseが付属していて、タッチセンサーで快適に画面をスクロールできるとしても、27インチだったら縦の解像度が高いので全部表示できちゃう。そんなにスクロールしなくて済むので、何かもったいない。27インチiMacはお得だけど、その画面の広さを持て余してしまう人も多いのかなって気はするかなぁ。

ヒロタ:21.5インチの11万8800円からって価格もすごいですよね。MacBook Proも値下げして、13インチが11万8800円からという同じ価格帯になった。この2モデルは初心者にとって「鉄板」だなと。ここ数年で、一番買いやすい時期なのかも。

Windows 7は22日に発売された。写真は秋葉原の発売日における様子

吉田:今回の新機種は「WIndows 7」発売日の1日前に出して、やる気がかなり感じられるよね(関連記事)。

ヒロタ:嫌がらせですよ(笑)。

吉田:インストールDVDに含まれているOSのバージョンを見ると、いかに戦略的かが分かるんだよ。iMacはMac OS X 10.6.1だから、Windows 7の前にギリギリ間に合わそうとした感じ。特にMagic Mouseはドライバーがまだ出てなくて、iMac以外では使えない。そこからも、ギリギリかなと予想されるんだけどね。

 一方、Mac miniは、付属してるOSが10.6.0だった。再インストールしたら10.6.1にアップデートしなければならないという。恐らくMac miniは前からできてたんだけど、Windows 7前にiMacが揃うまで待ってた、という感じなのかなと。

ヒロタ:iMac、MacBook、Mac miniを3つ揃えて「バーン!」みたいな感じでぶつけると。うわー。

前へ 1 2 3 4 5 次へ

ASCII.jp RSS2.0 配信中