このページの本文へ

前へ 1 2 3 次へ

新iMac、Blu-rayを搭載していないのはなぜ?

2009年10月29日 16時00分更新

文● 広田稔/ASCII.jp編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 21日、アップルから新製品が一挙にリリースされた(関連記事)。これらの新製品のポイントはどこにあるのか。来日した米アップルの担当者に話を聞いた。

 iMac、Magic Mouseについてはプロダクトマーケティングマネージャー デスクトップ担当、グレッグ・スメルツァ氏。MacBookについては、プロダクトマーケティングマネージャー ノートブック担当、セリーナ・チェンさんが回答してくれている。


Blu-ray搭載はユーザーからの要望が少ない

iMac
iMac

── 今回、新iMacの進化が大きいと思います。どういった意図で開発されてきたんですか?

グレッグ:iMacは世界で最高のデスクトップコンピューターだと自負しています。必要なものはすべて提供してくれますし、不必要なものは排除されています。

 液晶ディスプレーを採用した最初のiMacは、ディスプレーをいかにユーザーに近づけるかというところに主眼を置いていました。その後、本体をディスプレーに組み込んで、iMacをどんどん薄型化していっています。さらには世代を進めるごとに、アルミやガラスといった新しい素材を採用してきました。

 今回はさらにそれを押し進めまして、まったく新しいiMacのディスプレーは端から端まですべてガラスを使ったデザインになっております。


── iMacでグレッグさんが気に入っているところは何ですか?

グレッグ:まず、液晶ディスプレーですね。新しい27インチの液晶ディスプレーは、大型で美しくて、LEDバックライトで明るい。この新しいiMacで最も目立つのがそこではないでしょうか。

 ハイビジョンのコンテンツを見るのにも最適です。黒がきちんと黒く表示されますし、映画を見るのに向いていると思います。スピーカーも変わって、前よりもパワフルになりました。

 このディスプレーは写真を見るのにも向いています。IPS方式なので、視野角が広くて、色が安定している。友達に写真を見せるときも、どの角度から見てもきれいに見えます。写真に関して言えば、新しくSDカードのスロットが追加されたので、カメラから簡単に取り込めるようになりました。


── ひとつ私が残念だと思っているのは、Blu-rayドライブを搭載してこなかったことです。先ほど言われたように、映画を見るのに最適な画面なのに、なぜ内蔵していないのですか?

グレッグ:Blu-rayに関しては、ユーザーからそこまで大きな要望がないんです。インターネットを通じてHDコンテンツをいろいろな形で入手できます。iLifeを使えば、HDのビデオカメラなどを使って簡単にHDのコンテンツを作ることもできます。


Magic Mouse
Magic Mouse

── iMacには、新たに無線のMagic Mouseを標準搭載しましたね。

グレッグ:ええ。新しいMagic Mouseも特徴のひとつです。左クリックも右クリックもできます。例えば、右側をクリックすれば、自動的に右クリックと判別してくれます。

 上部を指でスクロールすれば、上下に移動できます。慣性スクロールにも対応していて、マウス側で指の動きを検知して、非常に長いページでもすぐに画面の下までたどり着けます。二本指を使ったスワイプにも対応していて、ウェブページを前後に異動したり、写真を切り替えたりできます。


── ノート型Macのトラックパッドに比べると、Magic Mouseは対応するジェスチャーが少ないです。それはなぜですか?

グレッグ:ジェスチャーはいろいろありますが、マウスで使って有意義なものは何かと考えてきました。つまり、非常にシンプルなものを作りたかったんです。

 まず、上部のどこをクリックしても反応してくれるという点。そこにマルチタッチを追加しましたが、基本的にはキーボードとの組み合わせで設計しています。キーボードの上にある「Expose」や「Dashboard」のボタンなどと一緒に使っていただくのがいいと思います。

 先ほど言ったように、必要なものは全部あるけど、不必要なものは持ちたくなかったんです。

Apple Wireless Keyboard iMacに付属する「Apple Wireless Keyboard」

前へ 1 2 3 次へ

ASCII.jp RSS2.0 配信中