このページの本文へ

前へ 1 2 次へ

荻窪圭の“這いつくばって猫に近づけ” ― 第114回

夏によく逢う子猫たち

2009年08月14日 12時00分更新

文● 荻窪圭/猫写真家

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
子猫がじゃれあう寸前。妙にきれいで可愛いけど、たぶん野良猫か地域猫。その後どうなったんだろう(2003年7月 ニコン D100)

 なんか、夏って子猫に出会う確率が高い気がする。猫の妊娠期間は約2ヵ月なので、初春の発情期に妊娠したなら、4月に生まれたとして、7月あたりに3ヵ月。小さな姿で走り回る頃だ。春の発情期に妊娠したなら、7月あたりに生まれて8~9月でよちよち歩きの1~2ヵ月。そう考えると、7~9月に子猫に出会うのもわからないでもない。

 冒頭の写真は7月に撮ったもの。生後2~3ヵ月っぽい子猫が兄弟でじゃれあってたのだ。周りに大人猫もいたのでちょっとしたファミリーだったが、都心部だったのでその後どうなったか。

 街で出会う野良っぽい子猫って……なんとも不憫である。

 自転車で裏道をのんびり走ってたら、自転車の前カゴに何やらふわふわした物体がはいってた。なんと子猫。

自転車の前カゴに子猫がっ!(2009年8月 パナソニック LUMIX GH1)
自転車の前カゴに子猫がっ!(2009年8月 パナソニック LUMIX GH1)

 びっくり。カゴにちょこんと座ってる。周りに人も親猫っぽい猫もいない。もしやカゴに捨てられたのか、そこから動けないでいるのか。

 そうだからといって、連れて帰るわけにもいかないのだが、カメラを持って近寄ると、人には馴れてないらしく、強い警戒心で、一人前にシャーッと威嚇する。

いきなり威嚇されました。立派に威嚇しててびっくり。それにしても子猫は耳がでかいす(2009年8月 パナソニック LUMIX GH1)
いきなり威嚇されました。立派に威嚇しててびっくり。それにしても子猫は耳がでかいす(2009年8月 パナソニック LUMIX GH1)

 いやいや、取って食ったり捕獲したりしないから、とちょっと離れてやると、カゴに捨てられたかに見えたその子猫は、よっこらしょっとかごから出て、奥へ去っていったのでありました。

よっこらしょ(としかいいようがない)。小さいけれども立派に猫でした(2009年8月 パナソニック LUMIX GH1)
よっこらしょ(としかいいようがない)。小さいけれども立派に猫でした(2009年8月 パナソニック LUMIX GH1)

前へ 1 2 次へ

この連載の記事

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jp特設サイト

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ピックアップ

富士通パソコンFMVの直販サイト富士通 WEB MART