このページの本文へ

MARKETING これは使える!無料Webマーケティングツール30選 ― 第20回

競合分析の秘密兵器「Google Trends for Websites」

2009年06月22日 08時00分更新

小泉貴幸/通販旬報社

  • この記事をはてなブックマークに追加
本文印刷

グーグルを筆頭とするさまざまな企業が、無料で使えるWebマーケティングツールを提供している。SEO/SEM、LPO、アクセス解析ツールなど、ネットショップやプロモーションサイトを運営しているなら、使わない手はない。“使えるツール”だけを全部で30本、月曜~金曜日までの毎日1本ずつ紹介する。 ⇒ラインナップ一覧

ライバルサイトと自社のUUやキーワードを比較


 ライバルサイトの動向をつかみ、自社サイトと比較したい。そんなときに便利なのが、米グーグルが提供する「Google Trends for Websites」だ。検索キーワードのトレンドが分かる「Google Trends」の拡張機能にあたり、複数のWebサイトのユニークユーザー数を調べてグラフ上で比較できる。現在のところ英語版のみだが、日本からでも利用できる。

 使い方は、入力欄に比較したいWebサイトのURLをカンマ区切りで入力するだけ。すると、折れ線グラフでサイトごとに色分けされたユニークユーザーのトレンドが表示される。検索結果は、国別・期間別に絞り込みができるので、国内サイトを調べる場合は常に「Japan」に設定しておくとよいだろう。

Google Trends for Websites
「Google Trends for Websites」の結果ページ。複数サイトを分かりやすく比較して表示する

 Google Trends for Websitesではユニークユーザーのほかにも、ユーザーの「アクセス元地域」「よく見る関連サイト」「検索キーワード」の上位10位までが確認できる。たとえば、「楽天(rakuten.co.jp)」と「Amazon.co.jp」を比較すると、地域はどちらも東京・大阪・神奈川……の順で多い。ところが関連サイトは、楽天が「yahoo.co.jp」「rakuten.ne.jp」「fc2.com」、Amazon.co.jpが「rakuten.co.jp」「hatena.ne.jp」「seesa.net」と大きく異なっていることが分かる。同様の手順で自社サイトと競合他社サイトを比較すれば、こうした顧客属性の意外な違いが発見できるかもしれない。

 なお、グーグルの他のツールと同様、Google Trends for Websitesのデータはあくまでも“グーグル調べ”の推計値だ。グーグルによると、Googleの検索データ、オプトインのGoogle Analyticsデータ、オプトインの消費者パネルデータ、第三者の市場調査データをもとにしているとのことだが、あくまでも参考に留めておくべきだろう。

 とはいえ、従来難しかった競合サイトの比較をここまで簡単にできるのはありがたい。成功している他社サイトがどんなキーワードで検索されているか、どんなユーザーに利用されているか把握して、自社サイトの改善に役立てよう。

■関連サイト

Web Professionalトップへ

この特集の記事

一覧へ

この記事の編集者は以下の記事をオススメしています

ASCII.jp会員サービス 週刊Web Professional登録

HTMLリファレンス誘導バナー

CSSリファレンスサイト誘導バナー

Webディレクター江口明日香が行く

ランキング