このページの本文へ

前へ 1 2 3 次へ

痛車でラリー! メロンブックスランサーの挑戦! ― 第4回

エンジントラブルのメロンランサー、7位でフィニッシュ!【動画あり】

2009年05月30日 20時00分更新

文● 末岡大祐/ASCII.jp編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

第1ヒートはまずまずの6位

 予選を3位で終えたメロンランサー。決勝日は日曜ということで、家族連れのお客さんも多く、大勢の観客の前でその走りを披露することになった。

昨日とは打って変わって、たくさんのお客さんが詰めかけた。西日本の中でも、この広島戦はかなり大規模なイベントだ

 決勝では第1ヒート、第2ヒートの2回走ることになり、速いほうのタイムをベストタイムとし、順位を競うことになる。前日の夜に雨が降ったため、午前中の路面は若干ウェット気味。浜選手はウェットタイヤである「ADVAN A031」を装着し、「午後に勝負を賭けようと思うので、第1ヒートは路面の様子を見ながら走ります」と出陣していった。

これはウェット、ドライの両方に対応できるA035しっかりとボルトを締める。レースだとタイヤが外れることがたまにあるので、適正トルクで締め付ける

 第1ヒートは無難に走り、6位でフィニッシュ。どんな感じだったのか、浜選手に聞くと「ちょっとミスってアンダーを何回か出しちゃいました」とのこと。このままいけば路面は乾き、第2ヒートはドライタイヤで一気に決着をつける! はずだったが……。それまで曇天だった天気が崩れだし、お昼頃にバケツをひっくり返したような雨が降った。雨自体はすぐに止んだのだが、路面はドロドロに。浜選手は「雨はスッゴイ苦手!」と公言していただけに、チーム全体に悪雲が立ちこめてきた。

さっきまでは乾いていたのに、突然の大雨でいきなり泥濘路にこれがキャロッセコーナー。キャロッセのサスを付けているクルマが、ここで次々にコースアウトしたためこの名前がつけられたとか

 メロンちゃんも駆けつけたお昼のイベントも終わり、ついに勝負を決める第2ヒートが近づいてきた。雨は途中で降ったり止んだりだったが、浜選手が出ていった時点では路面は若干ウェットという感じであった。「ウェットは苦手ですけど、雨が降ってないならいけるんじゃないでしょうか」と浜選手はタイヤをA035に切り替えて待機列に並ぶ。しかし、あと数分でスタートというときに、再びバケツをひっくり返したような雨がメロン号と浜選手を襲った。チームスタッフが大慌てでウェット用タイヤ「A031」を抱えてメロン号にダッシュ! だが時已に遅し。もうタイヤ交換が許されないところまで来ていたのだった。

メロンちゃんがついに登場! メロンちゃんが何のキャラクターなのか知らない子供たちも「メロンちゃん、メロンちゃん」と駆け寄っていた。パドックもこの通り人だかりができるほどの人気ぶり。「中は誰なんだ?」と話していた人がいたが、中の人などいない! のである

全日本ダートトライアル第3戦 決勝第1ヒート

(次のページへ続く)

前へ 1 2 3 次へ

この特集の記事

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jp特設サイト

ASCII.jpメール アキバマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中

【ニコ生】Mod PCの魅力がわかる!ジサトラ出張、仙台

スマホやタブレットからはniconicoアプリをダウンロードのうえ、こちらからご覧ください

水着美女×ガジェット=大正義

ピックアップ

デル株式会社