このページの本文へ

OCZ「Z-Drive」

1TBで50万円! “超”高速PCI Express対応SSDの予約開始!

2009年04月25日 23時45分更新

文● 増田

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 先日、OCZから発表されたばかりのPCI Express対応のカード型SSD「Z-Drive」の予約受付が始まった。高速かつ大容量の新型SSDとして注目を集めていたが……。

「Z-Drive」の予約受付 OCZから発表されたばかりのPCI Express対応のカード型SSD「Z-Drive」の予約受付がスタート

 「Z-Drive」は、サイズ245(D)×124(W)×22(H)mm、PCI Express x4インターフェイス対応のカード型SSD。256MBのオンボードキャッシュやハードウェアRAIDコントローラーを搭載する。ラインナップは1TB「OCZSSDPCIE-1ZDRV1T」、500GB「OCZSSDPCIE-1ZDRV500G 」、250GB「OCZSSDPCIE-1ZDRV250G」の全3モデル。
 転送速度は1TBモデルが最大読み込み500MB/sec、最大書き込み470MB/sec、500GBモデルが最大読み込み510MB/sec、最大書き込み480MB/sec、250GBモデルが最大読み込み450MB/sec、最大書き込み300MB/secといずれも高速。ただし、気になる予価は、予約受付を開始したT-ZONE.PC DIY SHOPでは、250GBモデルが19万8800円、500GBモデルが31万800円、1TBモデルが49万2800円と、一般的な2.5インチSSDの価格と比べ、かなり高価となっている。発売は5月上旬を予定。果たして購入に踏み切る猛者は現れるのか非常に気になるところだ。

製品 価格表
サイズ245(D)×124(W)×22(H)mm、PCI Express x4インターフェイス対応のカード型SSD。256MBのオンボードキャッシュやハードウェアRAIDコントローラーを搭載する。価格はご覧の通り、非常に高価だ

【関連サイト】

【取材協力】

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事
ピックアップ

ASCII.jpメール アキバマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中