このページの本文へ

前へ 1 2 3 次へ

「水中モード」の撮影サンプルもチェックだっ!

水深40m対応! ビデオ用防水ケースWP-V1を触る

2009年03月24日 12時00分更新

文● 広田稔/トレンド編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

再生後、プレイヤー右下にある「HD」ボタンを押すと表示が高画質になります。

 キヤノンのコンパクトビデオ「iVIS HF20」に防水ケース「WP-V1」を装着して撮影した映像。今や家庭用ビデオカメラでもハイビジョンで水中を撮れる時代だ。


ダイビング・シュノーケリング好きなら要注目!

 ダイビングファンの中には、水中用のカメラを欲しいという人も多いはず。

 南国の海に潜り、色鮮やかな魚やサンゴを目の当たりにしたら、「この体験を残したい」「誰かに見せたい」と思うのは無理もないことだ。そうしたユーザーのニーズを汲み取ってか、最近、コンパクトデジカメでは防水カメラ/ケースの充実が目覚ましい。

 一方でビデオカメラとなるとそう選択肢は多くない。現行製品では、ソニーとビクターが純正の防水ケースを、三洋電機が「Xacti」シリーズの防水ハイビジョンムービーカメラを出しているくらいだ(関連記事)。そのほかはサードパーティー製のケースもあるが、価格が10〜30万円くらいで、お父さんが「家庭用」に買うにはなかなか難しい。

SPK-HCEソニーのスポーツパック「SPK-HCE」。水深5mまでの対応なのであまり深いところは潜れない。価格は2万4990円。暗所での撮影に強いことで知られる「HDR-XR500V」「同XR520V」などで使える
WR-MG200 WR-MG100
ビクターのマリンケース。左がGZ-HD40/30用の「WR-MG200」、右がGZ-MG330/MG360用の「WR-MG100」。ともに水深40mまで対応し、価格は9万2400円

 そんな状況の中、4日、キヤノンからビデオカメラ「iVIS HF20」専用の防水ケース「WP-V1」が発表されたのだ(関連記事Amazon.co.jpで見る)。

WP-V1
今回の主役はこの「WP-V1」。水深40mに対応するので多少深いところにまで潜れるし、価格は5万9800円とサードパーティー製に比べたらずいぶんと安い
iVIS HF20iVIS HF20は、本体サイズが幅70×奥行き124×高さ62mmで重量が340gという、小型でコンパクトなボディーが特徴だ

 しかもこの防水ケース、キヤノンのデジタルビデオカメラで初めてというのだから、実物が気になるじゃないですかっ! 発売は4月下旬だが、キヤノンさんのご好意で開発中のものを触らせてもらったので、フォトレポートをお届けしよう。

前へ 1 2 3 次へ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jp特設サイト

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ピックアップ

富士通パソコンFMVの直販サイト富士通 WEB MART