このページの本文へ

前へ 1 2 次へ

世界中で6000社が導入

低価格でオールインワンなSaaS~ネットスイート

2009年03月18日 08時00分更新

文● デジカル・田口和裕

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 今回紹介するネットスイートは、1985年にオラクル社の会長兼CEOラリー・エリソンらにより設立された米ネットスイート社の日本法人である、ネットスイート株式会社がSaaS形式で提供する統合ビジネスソフトだ。現在世界中で6000を超える企業が導入しているこのサービスとは、いったいどのようなものなのだろうか。

ネットスイートのWebページ

 ネットスイートの「スイート」とは「一式、一揃い」といった意味を表わす言葉だ。その名のとおり、ネットスイートには、ERPCRMEコマースといった、一般的な企業が業務上必要とする多くの機能が一式そろっている。

 従来、これらの機能をすべて実現するためには、高価な単機能ソフトを複数導入する必要があったため、特に中・小規模の企業には敷居が高かったのだが、ネットスイートと契約することで、驚くほど安価にこれらすべてを利用することが可能になったのだ。では、それぞれの機能を使ってできることを見てみよう。

ERP(Enterprise Resource Planning)

 ERPとは財務会計、販売管理、購買管理、在庫管理といった、従来部署ごとにバラバラに処理されることが多かった企業の基幹業務情報を、一元的に管理するシステムだ。これらのデータはすべて1つのデータベースによって一元管理されているため、最新の指標をリアルタイムに確認することができる。

CRM(Customer Relationship Management)

 顧客情報を管理することによって、顧客満足度を高めることを目的とする。商談管理や販売予測、見積作成機能といったSFA(営業支援システム)と呼ばれる機能のほかに、メール配信やキーワード広告を利用したマーケティング支援機能なども用意されている。

Eコマース

 大手ECサイトのようなショッピングカート機能や、各々の顧客向けのサイトなど、データベースを駆使したEコマースサイトを簡単に構築できるようになる。また、アクセスログを元にサーチエンジンから来た訪問者のキーワード集計、ページ遷移分析なども可能だ。

次ページ「日本の商習慣に対応させた4つの機能」に続く

前へ 1 2 次へ

ピックアップ