このページの本文へ

  • はてなブックマークに登録
  • del.icio.usに登録
  • livedoorクリップに登録
  • Buzzurlに登録
  • StumbleUponに登録
  • Google Bookmarksに登録
  • Facebookでシェア
  • Yahoo!ブックマークに登録
  • お気に入りに登録
  • 本文印刷

ネットスター、第5回“家庭におけるインターネット利用実態調査”を発表――8割の子どもが保護者の目の届かないところでネットを利用

2007年02月02日 22時55分更新

文● 編集部

ネットスター(株)は1日、子ども自身が回答するサーベイシステムを利用して、“本当のリスク”を把握することを目的とした第5回“家庭におけるインターネット利用実態調査”の結果を発表した。対象は小学1年生から中学3年生までが対象で、有効回答数は484件。

「両親がそばに居るとき居ないときでは、どちらのネット利用の時間が長いですか?」 「ウェブサイトの利用について、当てはまるものはどれですか?」
「両親がそばに居るとき居ないときでは、どちらのネット利用の時間が長いですか?」「ウェブサイトの利用について、当てはまるものはどれですか?」
参考グラフ(第5回“家庭におけるインターネット利用実態調査” 2006年12月ネットスター)

調査方法はバンダイネットワークス(株)と(株)ネットマイルが運営する“キッズリサーチ”に委託して2006年12月25日にウェブアンケート方式で実施したもの。

調査結果は、保護者の目の届かないところでの子どものネット利用は8割近くに達しており、「両親がそばにいるときだけ利用する」との回答は全体の3.9%で、「両親がそばにいないときのほうが長い(41.3%)」「(いる時もいない時も)どちらも同じくらい利用(37.6%)」を合わせると、8割近くの子どもが保護者不在のままでネット利用を楽しんでいることになるという。

そのほかの結果としては、子どもがよく利用するウェブサイトは「ゲームができるサイト(55.8%)」が一番で、「子ども向けポータルサイト(42.1%)」「漫画、アニメのサイト(41.9%)」が上位を占めるが、「大人向けのポータルサイト(32.0%)」「2ちゃんねるをよく見る(12.2%)」「YouTubeなどの動画共有サイトをよく見る(7.2%)」「オークションサイトをよく使っている(6.0%)」という状況も明らかになった。

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII.jp特設サイト

  • 電撃オンライン - 電撃の総合ゲーム情報&雑誌情報サイト!
  • 電撃ホビーWEB - 電撃のホビー雑誌・書籍&ホビーニュースサイト
  • 電撃文庫 - 電撃文庫&電撃文庫MAGAZINEの公式サイト
  • 電撃屋.com - 電撃のアイテムを集めた公式ショッピングサイト!
  • アスキー・メディアワークス
  • 角川アスキー総合研究所
  • アスキーカード
  • アスキーの本と雑誌

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ピックアップ

富士通パソコンFMVの直販サイト富士通 WEB MART