このページの本文へ

  • はてなブックマークに登録
  • del.icio.usに登録
  • livedoorクリップに登録
  • Buzzurlに登録
  • StumbleUponに登録
  • Google Bookmarksに登録
  • Facebookでシェア
  • Yahoo!ブックマークに登録
  • お気に入りに登録
  • 本文印刷

バイ・デザイン、新開発のプラズマパネル“V4”を採用した42インチワイドテレビ『d:P4222GJV4』を19万9800円で発売

2005年11月11日 18時38分更新

文● 編集部

バイ・デザイン(株)は11日、新開発のプラズマパネル“V4”を採用した42インチワイドプラズマテレビ『d:P4222GJV4』を同日付けで発売すると発表した。直販価格は19万9800円(送料/取り付け費用別)。ニフティ(株)のショッピングサイト“アット・ニフティストア”でも同時に販売を開始する。

『d:P4222GJV4』
『d:P4222GJV4』

『d:P4222GJV4』は、白のピーク輝度が1500cd/m2、コントラスト比が10000:1で、解像度が852×480画素の“V4”プラズマパネルを採用し、デインターレースなどの高画質化を行なう“Faroudja DCDi”技術を搭載した米Genesis Microchip社の画素変換チップ『Faroudja FLI2310』を搭載したのが特徴。表示色は1677万7216色に対応する。チューナーは地上アナログとBSアナログを搭載しており、ビデオ方式はNTSCのほかPALにも対応(ただし走査線は525本となる)。パソコンの画面を表示しながらテレビなどの映像を子画面として見られるPC親子画面機能を搭載する(ピクチャーバイピクチャーとピクチャーインピクチャーに対応)。音声出力は10W+10Wで、着脱式スピーカーが付属する(専用スピーカースタンドも同梱)。SRSバーチャルサラウンド機能も搭載する。

入力端子は、コンポジットビデオ、コンポーネントビデオ、Sビデオ、D4端子、アナログRGB(ミニD-Sub15ピン)を装備する。本体サイズは幅1245×奥行き287×高さ733mm、重量は39.0kg。電源はAC100Vで、消費電力は400W(待機時2W以下)。リモコンや各種接続ケーブルが付属する。

カテゴリートップへ

注目ニュース

最新記事

ASCII.jp特設サイト

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ピックアップ

富士通パソコンFMVの直販サイト富士通 WEB MART