このページの本文へ

  • はてなブックマークに登録
  • del.icio.usに登録
  • livedoorクリップに登録
  • Buzzurlに登録
  • StumbleUponに登録
  • Google Bookmarksに登録
  • Facebookでシェア
  • Yahoo!ブックマークに登録
  • お気に入りに登録
  • 本文印刷

ソニー、クリエ用のBluetooth GPSユニットとCF型PHS対応アダプターを発表

2004年05月27日 16時31分更新

文● 編集部 伊藤咲子

ソニーマーケティング(株)は27日、クリエ関連製品として、“Bluetooth GPSユニット”『GU-BT1』とCF型PHS対応アダプター『HNT-CF1』を発表した。『GU-BT1』は6月12日発売予定で、価格はオープンプライス。編集部による予想実売価格は3万2000円前後。『HNT-CF1』は6月5日発売予定で、価格はオープンプライス。編集部による予想実売価格は1万6000円前後。

GU-BT1 HNT-CF1
GU-BT1HNT-CF1


Bluetooth GPSユニット『GU-BT1』

GU-BT1は、Bluetooth対応のクリエ『PEG-UX50』『PEG-NZ90』『PEG-TG50』で、歩行者用の経路探索/ナビゲーションを行なうための周辺機器。新開発のGPSレシーバーを内蔵し、感度が向上したほか、電源を入れてから測位するまでの時間が最短2秒にまで短縮されたという。機能として、現在地情報を内蔵メモリーに最大16ポイントまで記録できる“MARK機能”、クリエでGPS機能を制御できる“STAND BYモード”、クリエとの接続が15分間途切れると自動的に電源が切れる“オートパワーオフ機能”を備えている。LEDランプを2つ搭載し、バッテリーの残量/GPSの受信状態、Bluetooth接続状態を確認できる。電源は単3乾電池2本で、単3アルカリ乾電池を利用した場合、連続使用可能時間は約12時間。本体サイズは幅60×奥行き18×高さ89mm(突起部含まず)、重量は約72g(電池含まず)。

付属のCD-ROMには、(株)昭文社による12万分の1の縮尺の“広域地図(日本全国)”が収録されている。広域地図は135の地域に区分けされており、必要に応じてホットシンク(HotSync)もしくはメモリースティックに保存してクリエで使用する。対応OSは、Palm OS 5.0以上。また同社の直販サイト“ソニースタイル”では、全国の政令指定都市を中心とした約50のエリアの“詳細地図”(7500分の1、3万分の1の縮尺が1セット)を販売する。詳細地図は、同社の“街歩きナビゲーション”サービス“Leplan(ルプラン)”と連携して、地図上での現在の表示や、ルート検索/案内、特定の場所をお気に入りとして登録できる“Myスポット”登録、最寄り駅検索といったサービスが受けられる。ルート検索の際の目的地の指定方法は、地図で直接指定、ジャンルで検索、名前で検索の3通りで、住所による検索には対応していない。そのほかエリア別に、市街地の総合情報(ショップ/飲食店ほか)を網羅した総合ガイド情報、飲食店や衣料品店などジャンル別タウン情報、デート向け/パーティー向け/幹事向けなどテーマ別タウン情報といった複数のガイド・タウン情報“ガイド情報”が別途販売される。コンテンツの製作には、昭文社の“まっぷるナビ!”シリーズ、(株)ぐるなびの“ぐるなびレストランガイド”シリーズ 、(株)ぴあの“グルメぴあ特選!”シリーズといったタウン情報サービスが協力しているとのこと。各データの価格は、詳細地図が1エリア500円前後、ガイド情報が1件300円前後。

GU-BT1の製品パッケージには、CD-ROMのほか、ハンドストラップ、単3形アルカリ乾電池2本などが同梱される。

CF型PHS対応アダプター『HNT-CF1』

HNT-CF1は、クリエ『PEG-TH55』『PEG-TJ37』『PEG-TJ25』向けのCF型PHS対応アダプターで、クリエ用インターフェースコネクターを備える。製造は(株)ハギワラシスコムで、ソニーマーケティングが仕入れ、全国のクリエ取り扱い特約店やソニースタイルで販売する(ハギワラシスコムは販売しない)。

対応するCF型PHS通信カードは、ディーディーアイポケット(株)のPHSデータ通信サービス“Air H”(エアエッジ)”対応の5機種(AH-S405C、AH-H403C、AH-H401C、AH-N401C、CH-S202C/TD)、(株)エヌ・ティ・ティ・ドコモのPHSデータ通信対応機種“P-in(ピーイン)”シリーズ5機種(P-in Free 1P、P-in Free 1S、P-in Free 2PWL、P-in memory、P-in m@ster)、日本通信(株)のPHSデータ通信サービス“b-mobile”対応3機種(BMH10C-J、VN-101BM、BMH11C-J)、およびソニーコミュニケーションネットワーク(株)の1機種(VN-201)。電源は単4アルカリ乾電池もしくは単4ニッケル水素充電池2本で、連続通信時間は単4アルカリ乾電池使用時で約1~2時間程度。電源スイッチがONのままでも、通信していないときには自動的に省電力モード(スタンバイモード)へ移行する(移行は約2秒で完了)。本体サイズは幅66.4×奥行き15.5×高さ90.3mm、重量は約66g。



カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jp特設サイト

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ピックアップ

富士通パソコンFMVの直販サイト富士通 WEB MART