このページの本文へ

前へ 1 2 次へ

機能性とデザインと価格のバランスが◎

常に使うIDカードケースはちょっといいものに

2009年01月22日 08時00分更新

文● 行正和義

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

企業側も優れたケースを社員に提供してほしい

HUBSTYLE
磁気カードを使っている人に便利なのがHUBSTYLEのプラスチックタイプ。カードをスライドして片側を露出できる
SMOOTHSTYLE
SMOOTHSTYLEは2枚のカードを裏側から収納できる

 ラインアップは2種類で平らなストラップと平型ケースを組み合わせた「HUBSTYLE」、丸紐ストラップと丸みを帯びたカードケースの「SMOOTHSTYLE」がある。

 HUBSTYLEには革ストラップ+革ケース、布ストラップ+プラケースなどがラインナップされるのだが、プラスチックケースのものではカード入れにスライダーがあり、磁気カード式のIDカードを取り出しやすい工夫もされているので、自社のIDカードが磁気タイプなら特にオススメである。

 もっとも、これらの工夫はIDeoが初めてではなく、市販のカード入れとリールクリップなどを組み合わせて使うことも可能である。しかし、IDeoのように個々のパーツをうまくデザインの中に取り入れてひとつの商品として仕上がっているものはあまり見掛けない。

 IDカードはあくまでセキュリティ用の道具だし、社員が付けているIDカード(とIDカードケース)が“会社の顔”になるわけではないだろう。しかし会社に訪問してきたお客様の目に確実に入るものであり、会社のイメージ付けに一定の役割を果たすアイテムであるのも間違いない。そう考えると、デザイン性・機能性に優れたケースを社員に提供することは、企業にとってもメリットがあるのではないだろうか。


フラックス・パス前述のSMOOTHSTYLEのように2枚のカードが収納できるケースの場合、非接触ICカードの干渉が問題になる。そんなときに便利な商品が「フラックス・パス」。2枚のICカードの間に挟めば途中で電波が遮られて、それぞれの面のカードが使えるようになる。また片面だけ使用できるようになるバージョンなども用意されている

■関連サイト

前へ 1 2 次へ

カテゴリートップへ

ASCII.jp ビジネスヘッドライン

アスキー・ビジネスセレクション

ピックアップ