このページの本文へ

Nettopは399ドル!? MSIのパソコン戦略

2008年10月16日 21時04分更新

文● 橋本 優/トレンド編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
MSIのマーケティング部門アシスタントバイスプレジデントのビンセント・ライ氏
MSIのマーケティング部門アシスタントバイスプレジデントのビンセント・ライ氏

 「Wind Netbook」(関連記事)が好評を博しているMSI。同社の今後の戦略について、本社マーケティング アシスタントバイスプレジデントのビンセント・ライ(Vincent Lai)氏と日本法人の代表取締役である鄭 志明氏が会見を行なった。

 ライ氏によれば、サブプライムローン問題などの世界的不況の中、MSIは計画通りの業績を上げることができたという。

 ただし、今後生き残っていくためには「ブランドイメージを高めていくことが重要」とし、システムプロバイダー(パソコンメーカー)としてのイメージ定着を目指しているという。


デスクトップも価格競争激化か!?

「Wind Netbook U100」
「Wind Netbook U100」

 そんな同社のパソコン戦略は(Netbookなどの)2台目、3台目需要に注目。より多くの製品を投入していく計画があるとのことだ。

 たとえば、Atomプロセッサーを搭載したプロダクトについて、Wind NetbookのほかにNettopパソコン「Wind Nettop」とマザーボード「Wind Board」を加えた3本柱のブランドにする予定。

 Nettopについては液晶一体型パソコンを開発中で、その価格は399~499ドルでの販売を目指しているようだ。

「AVERATEC All-In-One AVA8270N」トライジェムジャパンの「AVERATEC All-In-One AVA8270N」

 液晶一体型のNettopは、すでにトライジェムジャパンが「AVERATEC All-In-One AVA8270N」を6万9800円で販売を開始しており(関連記事)、同様のスペックながらそれを下回る価格になる可能性が高い。

 Netbookに引き続き、今後はNettopでも熾烈な価格競争とシェア争いが巻き起こるかもしれない。

■関連サイト

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

QDレーザー販促企画バナー

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン