このページの本文へ

前へ 1 2 3 4 次へ

フルHD録画もできる!?

2万3000円のデュアルコアAtom自作

2008年10月08日 09時00分更新

文● 橋本 優/トレンド編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
「Atom 330」を搭載した「D945GCLF2」
「Atom 330」を搭載した「D945GCLF2」。1万円ちょっとで購入

 Nettop(省電力デスクトップPC)向けのデュアルコアCPU「Atom 330」を搭載したmini-ITXマザーボード「D945GCLF2」を買ってしまった。

 シングルコアの「Atom 230」を搭載した「D945GCLF」が登場したのが6月。CPU搭載で1万円以下という価格に惹かれ、かなり欲しい気持になっていた。

 結局買うまでには気持ちが高まらなかったのはラッキーだった。2000~3000円程度の差でデュアルコア・マザーが登場したのだから。


Atomとは何か?

2つのコアを搭載するAtom 330
2つのコアを搭載するAtom 330

 Atomについてはこちらの記事で詳しく解説しているが、本記事でも簡単におさらいしておく。

 Atomには大きく分けて2種類がある。「Atom Z」シリーズと「Atom」(もしくはAtom N)シリーズだ。

 Atom Zシリーズはモバイルインターネットデバイス(MID)向けのCPU。「インテル システム・コントローラ・ハブ」というチップセットと組み合わせることで「Centrino Atom」のロゴがつく。

 一方のAtomシリーズはNettopやNetbook用(Atom N)のCPUで、チップセットは従来のパソコンと同じものを利用する。Atom 330はこのNettop用CPUの最新版で、Atom初のデュアルコアCPUだ。

 Atom 230と330は共にクロック周波数は1.60GHzと変わらない。劇的に処理スピードが上がることは期待していないが、マルチタスク的な処理がより快適にできるのではないだろうか。

前へ 1 2 3 4 次へ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

富士通パソコンFMVの直販サイト富士通 WEB MART

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン