このページの本文へ

前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 次へ

秋のアニメ特集 オススメの新番組はコレだ!第1回

秋アニメの目玉はSF? ロボット? アクション?

2008年09月29日 20時00分更新

文● コンテンツ計画

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 待望のセカンドシーズンがスタートする「機動戦士ガンダム00」や、装いも新たに復活する「キャシャーンSins」をはじめ、田中芳樹原作の「TYTANIA-タイタニア-」、人気コミックのアニメ化「鉄のラインバレル」、ファン待望のアニメ化となる「北斗の拳 ラオウ外伝 天の覇王」、悪霊を倒す政府組織のストーリー「喰霊 -零-」など、今秋スタートの新アニメは話題の作品が目白押し! ここでは戦闘シーンやメカが魅力のアニメーション6作品を紹介していこう。

その再生を破壊する
「機動戦士ガンダム00(ダブルオー)」

機動戦士ガンダム00

作品解説
 1979年の第1作「機動戦士ガンダム」から世代を超えて高い人気を誇るガンダムシリーズの第12作「機動戦士ガンダム00」。2007年10月から放映されたファーストシーズンでは、現在から300年後の西暦2307年の地球が舞台というリアルさ、そして“戦争根絶”を目的にガンダムを使って全世界の戦争行為への武力介入を行なうというストーリーの斬新さ、高河ゆんの描く繊細なキャラクターなどが話題を呼んだ。
 待望のセカンドシーズンの舞台は、ファーストシーズンから4年後の西暦2312年。連合軍との決戦で生き延びた主人公、刹那・F・セイエイが“ダブルオーガンダム”や新生した“ソレスタルビーイング”の仲間たちとともに再び戦いの世界へと身を投じていく。
 監督に水島精二氏、脚本には黒田洋介氏といったファーストシーズンのスタッフが再結集し、ハイビジョンによるハイクオリティな映像で「機動戦士ガンダム00」を作り上げていく。

機動戦士ガンダムOO

あらすじ
 西暦2307年、人類は枯渇した化石燃料に代わって、3本の巨大な軌道エレベーターとそれに伴う大規模な太陽光発電システムを手に入れていた。ところが、このシステムを使えるのはアメリカ合衆国を中心とした「ユニオン」、中国・ロシア・インドを中心とした「人類革新連盟」、ヨーロッパを中心とした「AEU」の超大国群。各国の思惑が絡み合い、一つになりきれない人類は終わりなき戦いを繰り返していたのだった。
 そんな中、「武力による戦争の根絶」を掲げる私設武装組織「ソレスタルビーイング」が現れる。彼らはモビルスーツ“ガンダム”を駆使し、全戦争行為への武力介入を行なっていったが、とうとう3つの超大国群の連合軍との最終決戦を迎えることとなった。
 ソレスタルビーイングと連合軍の最終決戦から4年が過ぎた西暦2312年、人類は地球連邦政府を樹立。さらに連邦正規軍とは別に、国家の統合と人類の意思統一を目的とした独立治安維持部隊「アロウズ」を組織したが、その実態は反政府主義勢力や思想などへの非人道的な弾圧となっていた。
 ルイス・ハレヴィとの約束を守り、宇宙技術者となる夢を叶えた沙慈・クロスロードも連邦政府の改革に巻き込まれていく。
 そして、4年前の最終決戦で生き延び、「争いのない平和な世界」を夢見てきた刹那・F・セイエイだったが、彼が目にしたのはアロウズによって作られた“弾圧による平和”だった。歪み続ける世界を変えるため、彼は再びガンダムとともに戦う決意をする。
 世界は再び動き出す……刹那や沙慈たちの想いをのせて。

スタッフ
原作:矢立 肇・富野由悠季
監督:水島精二
シリーズ構成:黒田洋介
キャラクターデザイン:高河ゆん・千葉道徳
メカニックデザイン:海老川兼武・柳瀬敬之・鷲尾直広・寺岡賢司・福地 仁・中谷誠一・大河原邦男
SF考証:千葉智宏・寺岡賢司
音響監督:三間雅文
音楽:川井憲次
美術デザイン:須江信人(KUSANAGI)
設計協力:岡部いさく
色彩設定:手嶋明美
美術監督:若松栄司(KUSANAGI)
プロデューサー:丸山博雄(MBS)・池谷浩臣(サンライズ)・佐々木新(サンライズ)
エグゼクティブプロデューサー:竹田青滋(MBS)・宮河恭夫(サンライズ)
製作:サンライズ・毎日放送
主題歌:オープニングテーマ UVERworld「儚くも永久のカナシ」
エンディングテーマ 石川智晶「Prototype」

キャスト
刹那・F・セイエイ:宮野真守
ロックオン・ストラトス:三木眞一郎
アレルヤ・ハプティズム:吉野裕行
ティエリア・アーデ:神谷浩史
ほか

テレビ放送情報
MBS・TBS系列 10月5日から毎週日曜17:00~
(※放送日時は放送局の都合により変更になる場合があります)

公式サイトURL http://www.gundam00.net

→次ページへ続く

前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 次へ

この特集の記事

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jpメール アキバマガジン

ピックアップ