このページの本文へ

前へ 1 2 3 4 5 6 次へ

徹底解明! 世界に誇る潜水調査船【後編】

「しんかい6500」にとにかく乗ってみた!

2008年07月02日 13時47分更新

文● 丸子 かおり

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

なんと!! しんかい6500に乗り込んでもいいんですか?


「しんかい6500」に会いにJAMSTECまで来て、支援母船「よこすか」に乗り、しんかい6500を間近で見た。ここまでは前編で書いてきたが、しんかい6500が見られて満足だった我らが取材班。しかし、運航チームの司令・櫻井利明さんの好意でなんと、パイロットや研究者が乗り込む「耐圧殻(たいあつこく)」へ入ることが許可されたのだ!!

なんと、しんかい6500に入れる!? 
なんと、しんかい6500に入れる!? デッキとしんかい6500はラッタルと呼ばれる梯子で連結している。そこを通って上部ハッチまで行き、中に入る

 デッキを上がって、人が乗り込む耐圧殻への入口をのぞくと……入口はかなり狭い。直径が50cmだそうで、海外の科学者の中には、入るのに苦労された方もいたそうだ。

ハッチからしんかい6500の中に入る。大柄な男性だと入りづらそうだハッチからしんかい6500の中に入る。大柄な男性だと入りづらそうだ
しんかいの上部ハッチで手を貸してくれた櫻井さん。右のようにソロソロと入っていきます
しんかいの上部ハッチで手を貸してくれた櫻井さん。右のようにソロソロと入っていきます

 ハシゴを降りて、耐圧殻へ。直径2mの空間の床はソファのようなマットレスが敷かれ、壁には計器などがビッシリと。空間が広いとは言えないため、寝転がるかたちで操縦するそうだ。

しんかい6500の中の壁は機器でびっしりと埋まっているしんかい6500の中の壁は機器でびっしりと埋まっている

 そして、一緒に乗り込んだチーフパイロットの松本恵太さんに「これで操縦します」と渡されたのがなんとラジコンのコントローラーのような有線の操縦機。そして見ていて「おもしろい!」と思ったのがマニピュレーターのコントローラー竹製のヘビのおもちゃのようにクネクネうごくデバイスを動かして、その動きでマニピュレーターが動くとのこと。櫻井さんいわく、「最初は難しいけれど慣れれば簡単ですよ」と。

しんかい6500を操作するためのコントローラー。あまりの小ささにびっくりだしんかい6500を操作するためのコントローラー。あまりの小ささにびっくりだ
おもちゃのように見えるがこれでマニピュレーターを操作。慣れれば直観的に動かせるそうだおもちゃのように見えるがこれでマニピュレーターを操作。慣れれば直観的に動かせるそうだ

 うーむ、一度でいいから潜航するしんかい6500に乗ってみたい。

次ページ「6500mの深海に耐えるテクノロジー」

前へ 1 2 3 4 5 6 次へ

注目ニュース

ASCII.jp特設サイト

  • 電撃オンライン - 電撃の総合ゲーム情報&雑誌情報サイト!
  • 電撃ホビーWEB - 電撃のホビー雑誌・書籍&ホビーニュースサイト
  • 電撃文庫 - 電撃文庫&電撃文庫MAGAZINEの公式サイト
  • 電撃屋.com - 電撃のアイテムを集めた公式ショッピングサイト!
  • アスキー・メディアワークス
  • 角川アスキー総合研究所
  • アスキーカード
  • アスキーの本と雑誌

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ピックアップ

富士通パソコンFMVの直販サイト富士通 WEB MART