このページの本文へ

続・速度で選ぶ次世代ブラウザー Firefox 3正式版対応

2008年06月25日 11時00分更新

文● 細谷滝音

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

地獄のタブ50枚開きに挑戦!最軽量ブラウザーは?

ブラウザーの消費メモリー比較グラフ
ブラウザーの消費メモリー比較グラフ

 次に各ブラウザーの消費メモリーについて、テストを行なってみた。テストはascii.jpのトップページをタブで20枚、50枚と開き、その際の消費メモリーと動作の様子を見るという形で行なった。IE6はタブブラウジング機能がないためウインドウを開いた。テスト条件を整えるため、アドオンの追加は行なっていない。更新の確認など、ユーザーが制御できないタイミングで動作を行なう可能性があるため、ある程度の誤差はあると思われる。

 なお、WebKitはSafariのコンポーネントを借りてDOSから立ち上げるというBuildのため、ブラウザーとしての正確な消費メモリーを計れるか疑問があるうえ、そもそも頻繁に落ちるため計測ができなかった。また、IE8は現在ベータであるため、メモリーに関してさらに調整がなされる可能性があるので、参考として見ていただきたい。

 結果を見てまず言えることは、やはりIE以外の次世代ブラウザーは消費メモリーに関してもかなり優秀だと言うことだ。IEだとバージョンが進むごとに消費メモリーがどんどん肥大化していくのに対して、その他のブラウザーは極力メモリーが増えないように設計されている。

 そればかりか、なんとOpera9.5最終版はOpera9.27よりも若干消費メモリーが減ったか同じぐらいにまでなっている。Operaの冨田氏はインタビューにて(関連記事)、バージョンアップの度に高速化することを創業以来めざしてきたと述べていたが、その言葉に偽りはないようだ。

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jp特設サイト

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

富士通パソコンFMVの直販サイト富士通 WEB MART

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン