このページの本文へ

前へ 1 2 3 4 5 6 次へ

Apple Product Review:史上最も大きな変化を遂げたLeopardサーバー

APR: Mac OS X Server 10.5

2008年06月07日 15時00分更新

文● 白屋 麻、編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

Mac OS X 10.5のリリースと同時に、サーバーOSにもLeopardベースの「Mac OS X Server 10.5」が登場した(Apple Storeで見る)。64ビット対応がさらに進んだほか、動画や音声を含むコンテンツを簡単にポッドキャスト配信する「Podcast Producer」、グループワークをサポートする「Wiki Server」、ネットワークボリュームのファイル検索を行う「Spotlight Server」──などの強力な新機能を搭載。Leopard Serverの実力を見ていこう。

Mac OS X Leopard Server


CONTENTS:

1. Overview


管理者が使いやすいLeopard版サーバー

 Mac OS Xには、一般ユーザーが使用する通常版のほかにもさまざまなエディションが存在する。オープンソースで配布されている「Darwin」、iPhoneやiPod touchが搭載する「ARM」というCPUに対応したOS Xなどがその例だ。

 その中で、サーバー向けのOS Xが「Mac OS X Server」である。基本的に、Mac OS XをインストールできるMacで動作する。Mac OS Xもファイル共有やプリンタ共有、ウェブサーバーなどといったサーバー機能を搭載している。それらを支えるApple File Server、Samba、CUPS、Apacheといったソフトは、Mac OS X Serverとまったく同じだ。

  パッケージと付属品

 Leopard ServerLeopard Serverの対応マシンは、867MHz以上のPowerPC G4/同G5/インテルCPUを搭載したマシン。1GB以上のメモリー、20GB以上のディスクスペースも必要だ。なお、価格は10クライアント版/アップグレード版が5万7800円、無制限クライアント版が11万4800円
Leopard Server
Mac OS X Server本体と「Admin Tools」のインストーラーが入った2枚のメディア、マニュアル、シリアルナンバーの記載された用紙などが付属する。Mac OS X Serverはシリアルナンバーを入力しなければ使えない。紛失しないように気をつけよう

 Mac OS Xと比較したときの最大の違いは、サーバー向けの設定ツールを搭載している点だ。「Admin Tools」という管理ツールとMac OS X Serverに組み込まれた「Servermgrd」というサーバー設定ソフトが連動して、Mac OS Xよりも精細な設定が実現。熟練者にとっても複雑で困難なVPNやファイアーウォールの設定が簡単に実行できる。

 Admin Tools自体がサーバー/クライアント型のソフトでリモート設定できるのも特徴のひとつだ。サーバーの多くはサーバールームという空調の効いた、出入りが厳重に管理された専用スペースに配置されているが、Mac OS X Serverはそこへ行かなくても、ネットワークがつながっていれば、手元のMacから設定できる。一般ユーザーに対して優しいOSがMac OS X、サーバー管理者に対して優しいOSが、Mac OS X Serverと言える。

  Mac OS X Serverの構造

Leopard Server
Mac OS X Serverとは、通常のMac OS Xに加えてサーバーサービスやサーバー管理ツールを追加し、サーバー向けに強化したMac OS Xのバリエーションのひとつだ

(次ページに続く)

前へ 1 2 3 4 5 6 次へ

ASCII.jp RSS2.0 配信中